NY市、対アジア系憎悪4倍に急増 政権交代影響なし

NY市、対アジア系憎悪4倍に急増 政権交代影響なし
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1008N0Q1A211C2000000/

 ※ これも、前大統領の「置きみやげ」的なところがある…。

 ※ 散々、「煽った」からな…。

 ※ 一旦、そういう「憎悪のはけ口」に道を開くと、人の「感情」はなかなか収まるものじゃ無い…。

 ※ それを、「最高権力者」が「お墨付き」を与えたわけだから、なおさらだ…。

 ※ 当分は、「尾を引く」だろう…。

『【ニューヨーク=共同】米ニューヨーク市警は9日までに、ことし市内で発生したアジア系への憎悪犯罪(ヘイトクライム)が129件と昨年1年間の4倍近くに急増したことを明らかにした。憎悪犯罪全般も昨年のほぼ倍に増えた。差別を助長したと一部に批判されたトランプ前政権から今年1月、バイデン政権に交代しても事態が沈静化していないことが浮き彫りとなった。

警察は、人種が動機とみられる事件でも、現場での差別的発言などの明確な記録が欠けると憎悪犯罪として扱わず、単なる暴行事件などとして処理することも多い。実際の憎悪犯罪数はさらに多いとの見方が大勢だ。

トランプ前大統領が新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼んだことなどもあり、昨年2月ごろからアジア系住民への差別的な言動や嫌がらせが急増した。』