仏ゼムール氏、襲われ負傷 極右の大統領選候補、集会で

仏ゼムール氏、襲われ負傷 極右の大統領選候補、集会で
https://www.sankei.com/article/20211206-UZNBODALOJITZNZZUVJAZOZ7QI/?ownedutm_source=owned%20site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=%E4%BB%8F%E3%82%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%B0%8F%E3%80%81%E8%A5%B2%E3%82%8F%E3%82%8C%E8%B2%A0%E5%82%B7%20%E6%A5%B5%E5%8F%B3%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E5%80%99%E8%A3%9C%E3%80%81%E9%9B%86%E4%BC%9A%E3%81%A7

『来年4月のフランス大統領選への出馬を表明した極右評論家エリック・ゼムール氏が5日、パリ近郊ビルパントで開いた選挙集会で男に飛びかかられ、手首を捻挫した。男は当局に拘束された。会場では抗議行動をした反人種差別団体のメンバーがゼムール氏の支持者らに暴行を受け、5人が負傷した。

反移民や反イスラム教の主張を唱えるゼムール氏は11月30日に出馬を表明し、今回が初の正式な選挙集会だった。会場で支持者らの間を通って登壇した際、途中で男に飛びかかられた。

一方、市民団体「SOSラシズム」のメンバーがゼムール氏の演説が始まった際に、会場の後方で「人種差別反対」と訴える抗議行動を実施。これに対しゼムール氏の支持者らが殴ったり、いすを投げ付けたりした。ゼムール氏は状況を把握していたかは不明だが、そのまま演説を続けた。

顔面が血にまみれた女性メンバーはテレビの取材に「平和的な行動だった」と暴力を非難。ゼムール氏の陣営は「挑発しに集会へ来るべきではない」と主張した。(共同)