IMF、筆頭副専務理事にゴピナート氏 ナンバー2

IMF、筆頭副専務理事にゴピナート氏 ナンバー2
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0308U0T01C21A2000000/

『【ワシントン=鳳山太成】国際通貨基金(IMF)は2日、チーフエコノミストのギータ・ゴピナート氏が2022年1月21日付で筆頭副専務理事に就任すると発表した。同氏は22年1月に退任して米ハーバード大学の教授職に戻る予定だったが、IMFにとどまってナンバー2の職に就く。

筆頭副専務理事を現在務めるジェフリー・オカモト氏は退任して民間に移る。米財務省で財務次官補代行などを務めた同氏は20年3月に現職に就いた。

IMFトップのゲオルギエバ専務理事は声明で、ゴピナート氏を選んだ理由について「世界をリードするマクロエコノミストの1人として、我々が必要な専門知識を持ち合わせている」と説明した。』