英MI6長官「中国、世界で大規模なスパイ活動」

英MI6長官「中国、世界で大規模なスパイ活動」
アフガン情勢、情報機関の過失否定
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR30DB70Q1A131C2000000/

『【ロンドン=中島裕介】世界有数の情報機関として知られる英秘密情報部(MI6)のムーア長官は11月30日に演説し、中国の秘密情報機関について「非常に高い能力を持ち、英国をはじめ世界の同盟国や友好国に大規模なスパイ活動を続けている」と語った。中国が必要に応じて武力などで強制的に台湾統一を果たそうとしているとの見解も示し、「世界の平和と安定への深刻な挑戦だ」と警戒感を示した。

演説は英シンクタンク国際戦略研究所(IISS)で行われた。秘密主義で知られるMI6のトップが公開の場でスピーチするのは異例で、中国が切迫した脅威であることを強く訴える狙いがあったとみられる。

ムーア氏は演説で中国、ロシア、イラン、国際テロ組織の脅威を機密情報部門の懸念事項である「ビッグ4」と名付けた。中国の南シナ海での海洋進出などの行動を念頭に「共産党の指導部は、安全保障を理由に大胆で断固とした行動を一段と好むようになっている」と指摘。「『力を隠して時を待つ』という鄧小平時代は終わった」と語った。

ムーア氏はデジタル空間で無警戒に他国からのアクセスを許すと、中国に重要な情報を抜き取られたり、自国で制御できなくなったりするリスクがある点に言及した。これに先立ち出演した英BBCラジオ番組ではこれを「データのわな」と呼び、開発投資の過程で途上国に借金を強いる「債務のわな」と列挙して、警戒を呼びかけた。

演説では米中間で偶発的に軍事衝突が起きるリスクにも言及した。ムーア氏は中国が米国の対中強硬政策を過小評価していると指摘したうえで「中国の自信過剰による誤算のリスクは現実的になりつつある」と述べた。

中国が国民への監視体制を強め、それが新疆ウイグル自治区での100万人のイスラム教徒への人権侵害につながっているとの見解も示した。「こうした監視と制御の技術が、中国から他国の政府に輸出されている。権威主義的な制御の網の広がりは心配だ」とも語った。

イランに関しては「敵対国や欧州、北米の国にも使うサイバー技術を駆使して、反政府関係者を暗殺するプログラム」を持っているとの分析を明らかにした。イスラム主義組織タリバンによるアフガニスタン制圧については「世界の(テロ組織の)過激派の運動に士気の向上をもたらした」と懸念を表明した。

英国は米豪カナダ、ニュージーランドとともに機密情報を共有する5カ国の枠組み「ファイブ・アイズ」の中心メンバーで、9月には米豪との新たな安保協力の枠組みも立ち上げている。MI6長官の異例の演説には、同盟国と対中政策における連携をさらに進めるための世論対策の側面もある。

欧米の情報機関高官による批判に対し、中国側は反発を強めている。中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で「中国が大規模なスパイ行為を行ったという説は全くのでたらめだ」と強調した。』