欧州に再び東西の壁 ベラルーシ支えるプーチン氏の懸念

欧州に再び東西の壁 ベラルーシ支えるプーチン氏の懸念
編集委員 坂井光
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK2035W0Q1A121C2000000/

『ポーランドなど欧州連合(EU)加盟の3カ国がベラルーシとの国境線に「壁」を建設し始めた。同国がイラクやシリアなどに住む移民希望者を入国させ、不法に送り出していることに対応するためだ。ソ連崩壊30年を今年末に迎えようとするなか、再び東西を分断しかねない新たな壁は何をもたらすのか。

Nikkei Views
編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

ポーランドの現地メディアによると、同国は一時的につくった高さ2.5メートルの有刺鉄線に代わり、本格的な障壁の建設を12月にも開始する。高さは5.5メートル、全長はベラルーシとの国境線の約半分に相当する180キロメートルの計画で、2022年前半に完成させるという。

ポーランド、リトアニア、ラトビアが壁を建設

リトアニアは500キロに及ぶ有刺鉄線の壁を22年9月までに完成させる方針を決めたほか、ラトビアも24年までに約130キロに及ぶ同様の壁を建設する検討に入った。

ルカシェンコ大統領率いるベラルーシが移民を政治的に利用し始めたのは今年8月ごろ。EUの経済制裁に対抗するため、ベラルーシへのビザや航空チケットなどを購入させて入国させたあと、国境地帯に連れて行き欧州側へ越境を促した。

これを欧州側が阻んだため行き場を失った人々が国境地帯にあふれるという事態となった。ベラルーシ当局によると、同国に滞在する移民希望者は11月中旬時点で、約7000人。うち約2000人がポーランドとの国境地帯にいるという。11月18日には一部の帰国が始まったが、地域情勢が不安定化したことに変わりない。

ロシア、西側刺激のルカシェンコ氏憂慮

ベラルーシとEUとの対立が先鋭化していることを複雑な感情で見ているのがロシアだろう。

プーチン政権はウクライナと対立しているだけに、同じく兄弟国のベラルーシが西側になびくことは避けねばならない。今回ベラルーシと西側との対立が決定的となったことで、その目的は達成したといえる。しかし、同時にルカシェンコ氏は〝獅子身中の虫〟になり始めた。

「われわれが欧州を暖めてやっている。もし、ガスを止めたらどうなる? ポーランド、リトアニアなどの頭の悪い指導者は発言する前に考えることをお勧めする」。ルカシェンコ氏は11日、EUが制裁を強化すれば、ロシアから自国を通過して欧州に向かうガスパイプラインの供給を止めることを示唆した。

ルカシェンコ大統領はロシアにとって獅子身中の虫となりつつある(9月9日、モスクワにルカシェンコ氏㊧を迎えたプーチン大統領)=ロイター

これに対しプーチン大統領は13日、国営テレビとのインタビューで「(そんなことをして)何もいいことはない」と自分の意見とは違うことを表明した。

というのも、ロシアはドイツに直結する2本目の海底ガスパイプライン「ノルドストリーム2」を完成させたが、EU内ではエネルギーのロシア依存が高まることに反対する勢力が多く、稼働の承認が下りていない。そんななかでの脅迫発言が稼働開始に逆風になったのは間違いない。

さらにルカシェンコ氏は19日、英BBCとのインタビューで、ベラルーシの治安部隊が移民の越境を手助けしていることについて「大いにあり得る」と発言した。

ロシアの孤立招くベラルーシの動き

プーチン氏にとって低迷する経済を立て直し、安全保障面での競争激化をやわらげるため、西側との関係改善を進めたいのが本音だ。しかし、ルカシェンコ氏を擁護すればするだけ、それが遠のくかのようだ。しかも、老練な独裁者である同氏を持て余しているようにもみえる。

ベラルーシ国境で建設が始まった壁が、東西を分断する存在になるとすれば誤算だろう。
プーチン氏がロシアの孤立を望んでいないのは確かだ。

「(西側の)パートナーはわれわれの警告やレッドライン(越えてはならない一線)を軽く見ている」――。18日、外務省で職員らを前に演説したプーチン氏は西側を非難しながらも、今年6月にジュネーブで開いたバイデン米大統領との首脳会談の成果に言及し「対話の扉は開いている」と繰り返し強調した。

プーチン大統領は11月18日、外務省で演説し、西側への強硬姿勢を見せながらも対話に期待を示した=ロイター

プーチン氏側近のパトルシェフ安全保障会議書記は同日、米ロ首脳会談が年内に開催される可能性を示した。

1991年12月25日、ソ連は崩壊し、冷戦は終結した。それから30年という節目をロシアはどう迎えようとしているのか。

プーチン氏は外務省での演説でこうも発言した。「境界線で(欧州)大陸を分けることは歴史的に見ても良い結果を生まない」。強硬な顔を見せる一方で、危機感もにじませている。』