日本国憲法第10条

日本国憲法第10条
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC10%E6%9D%A1

『日本国憲法 第10条(にほんこくけんぽう だい10じょう)は、日本国憲法の第3章にある条文で、国民の要件について規定している。』

『条文

第十条
    日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

解説

日本国民であること、すなわち日本国籍に関する要件をどう規定するかについては、日本国憲法は法律全て委任している。具体的には、本条を受けた国籍法により規定されている。

同法によれば、日本国籍を取得するのは、以下の場合である。

出生による取得
    出生時に両親の一方が日本国民である場合
    出生前に父が死亡した場合で、その死亡時に父が日本国民であった場合
    日本で生まれ、両親がともに不明あるいは無国籍の場合

認知による取得

帰化による取得
    帰化申請が提出され法務大臣の許可が下った場合

このほか、領土の変更に伴う国籍の変更について条約で定めることも認められる[1]。 』