国際刑事警察機構の孟宏偉さんの奥さんの名前がわかりました

国際刑事警察機構の孟宏偉さんの奥さんの名前がわかりました 中国事情
(2018年10月15日 06:40)

 ※ 激しい「情報戦」だ…。

 ※ こういう時、「一方の情報」ばかり見ているのは、「危険極まりない」…。

 ※ 必ずや、「対立する側の言うこと」も見ないとな…。

 ※ そういう観点からは、「日経情報ばかり」見ているのは、「危険極まりない」…。


 ※ アンテナは、「四方八方」に張っておかないとな…。

 ※ どうも、「蠅、虎叩き」の一環のようだ…。

 ※ ただ、「中国人民の世論」は、政権側にあるようだ…。

 ※ と言うより、そういう「人民の世論」の行方を、慎重に測りながら「蠅、虎叩き」を遂行しているんだろう…。

『国際刑事警察機構(INTERPOL)の、総裁であった孟宏偉(孟宏伟)(meng4 hong2 wei3/モンホンウェイ)さんが中国政府に捕まってしまいました。

これに対し、奥さんであるGrace Mengさんは、フランスの警察に通報します。
Grace Mengさん、記事では「格蕾絲・孟(格蕾丝・孟)」(ge2 lei3 si1 meng4/ガレイスモン)となっていました。

もっとも、本名ではないようです。

そもそも、中国人は結婚しても、元の姓を名乗ります。
たまたま夫婦同姓ということも、あまりよろしくないとはされていますが、それでも無いことは無く、奥さんも、孟(meng4/モン)さんであった可能性は否定できませんが、これはやっぱり、単に夫の姓を名乗ったということでしょう。

「Grace」というのは、奥さんが昔から使っていた英文名だそうです。
中国人は、台湾人や香港人ほどではありませんが、英文名を使うのが大好きです。

私なんかは、中国人が、何で英文名を名乗らなきゃいけないのさ?と思うのですが、ご本人たちは結構気に入っているようなので、何も申しません。

私だったら、絶対にイヤ!です。

中国の話なんて、何が本当で何がウソかなんてわかりません。
私の話だって、実体験はホンモノですが、その他はいろいろなところから引っ張ってきたもので、本当かどうか怪しいものです。

ただ、国際機関のトップが、帰国したところをそのまま汚職で捕まっちゃうなんて話、普通であればあり得ません。
それが今回、実際に捕まっちゃったことで、あり得ないことがあり得るのが中国であることが、国際社会に知られてしまいました。

皆が注目しています。
そして、皆が注目しているということは、その話題に触れれば、私のブログの訪問者も増えるかもしれません。

私にとっては、孟さんの話が本当かウソかなんかよりも、訪問者数が増えることの方がずっと大事です。

ということで、こんなうわさ話がありますよ!というご紹介なのでした。

孟さんは、2004年に公安部の副部長になっているのですが、このときの部長が、汚職で捕まった周永康(zhou1 yong3 kang1/ジョウヨンカン)さんでした。

部長と言えば、日本の大臣に当たるので、副部長と言えば、副大臣です。

INTERPOLへも、周さんの力で送りこまれたと言われています。
そこまで親密な関係であれば、きれいな身体であったはずはありません。

孟さんは、収賄が原因で捕まったと言われています。
2004年からですから、10年以上に渡り、もらい続けていたのでしょう。

何でも、これには奥さんも絡んでいたのだそうです。

本当かどうか知りません。
あくまでも、噂話です。

Grace Mengさん、ご主人の孟さんが捕まった後、いろいろなメディアに顔を出しました。
いや、顔出しはNGですが、取材はウェルカムだったようです。

そして、ご主人は無実だ!と訴えました。

ただ、もう、公安部で、周さん(※ 周永康氏のこと)の下で働いていたというだけで、間違いなくアウトです。
無実な訳ありません。

そもそも、孟さんは、決して弱者ではなく、公安部で、弱いものイジメをしてきた人です。

悪い奴が、悪い奴を捕らえただけで、こういうのを「狗咬狗」(gou3 yao3 gou3/ゴウヤオゴウ)と言います。

コメント欄を見ても、ほとんどの人が同情していません。

Graceさんの昔同僚だったという人の話では、本名を高歌(gao1 ge1/ガオガ)さんと言うのだそうです。

2005年に、孟さんと高さんは、それぞれ離婚し、そして一緒になりました。
日本の国会議員にも、そんな人がいたような気がしますが、気のせいかもしれません。

このとき、孟さんは52歳、高さんは33歳でした。

この後、高さんは、孟さんの威光を使い、いろいろな企業の重役となり、お給料をもらっていたのだそうです。

もっとも、当然ですが、実際に仕事していた訳ではなく、名前だけです。
こういうのを「喫空饗(吃空饷)」(chi1 kong4 xiang3/チコンシアン)と言い、中国では大変流行っています。

よく賄賂の代わりに使われます。

高さんは、何十もの会社の重役をしていたので、少なくとも毎年500万元以上の収入があったようです。

また、既に中国の夢を実現し、既に中国人ではなく、外国籍であり、香港人じゃないかと言われています。

7歳の双子のお子さんがいるのですが、このお子さんも外国籍だそうです。

家族が外国籍であるお役人を「裸官」(luo3 guan1/ルオグアン)と言います。

最近の中国では、お役人の家族が率先して中国の夢を実現することが多く、これでは人民に示しがつかないため、中国政府は「裸官(ルオグアン)」を厳しく取り締まっています。
この段階で、孟さんは、公安部の副部長としてもふさわしくありません。

周さんの仲間たちはすべて捕まっている訳ですから、孟さんも、遅かれ早かれ自分も捕まるだろうという認識はあったでしょう。

ただ、国際的に騒ぎを大きくし、注目を集めた方が、中国政府も下手な動きが出来なくなります。
ということで、Graceさんの通報は、孟さんの安全を確保するための、計画的なものだったという説もあります。

孟さんをいきなり捕まえたことで、中国の人権は!と言って騒ぐ人がいますが、この件に関しては全く見当違いです。

汚職によって、甘い汁を吸い続けていた人が捕まっただけです。

劉暁波(刘晓波)(liu2 xiao3 bo1/リウシャオボ)さんの奥さんに同情する人はいても、Graceさんに同情する人は、まずいないと思います。』