スクープ! 小池都知事が重症・再入院か

スクープ! 小池都知事が重症・再入院か/「12月定例会」への出席が焦点/「年内辞任」説が広がる
号外速報(11月14日 21:20)
https://facta.co.jp/article/202111043.html

 ※ 『問題となった記事

上記のようなスクープ記事を生み出してはいるが、裏を返せば他メディアと比べて「裏取り」が不十分な時点で見切り発車的に記事を掲載するということ[要出典]でもあり、編集部側の見立てが外れた結果、抗議や訴訟に発展した記事も複数存在する。

イオングループに纏わる批評記事を、創刊時より度々掲載しており、そのうち2010年6月号にてイオン銀行に自主廃業説という記事[4]が事実無根であるとしてイオン銀行が抗議し[5]、本誌同年8月号において同行の指摘を認める謝罪記事を掲載した[6]。

2012年1月号にて、野村證券が資金繰りに窮しているとの記事を報道し[7]、野村證券側からは、法的措置の対応も検討する構えであることを発表した[8]。

2012年9月号等におけるSBIホールディングスならびに北尾吉孝に対する名誉棄損にて、2014年2月14日に「ファクタ社らの裏付け取材は十分とはいえないもので、本件記事の内容はいずれも客観的資料に基づかない憶測の域を出ないものであったというほかはない」との東京高等裁判所が損害賠償をファクタに命じた[9]。

原発警備会社ニューテック会長の白川司郎が名誉を棄損されたとして2013年8月9日に東京地裁がファクタ社に賠償金の支払いを命じた[10]。

「日本大学理事長が暴力団と交際していた」「日大発注工事で不正」等とする記事を掲載、東京地裁は「記事内容が真実だと認められる証拠がない」として名誉棄損を認定、2016年2月5日ファクタ社に賠償金の支払いを命じた[11]。但しこの件は週刊文春2005年6月23日号も報じている。

オリックス株式会社が「当社の監査法人さえ誤認する」等事実無根の記事を2009年6月号に掲載されたとして、名誉棄損に基づく損害賠償を2009年5月21日提訴した[12]。
「ヤクルト幹部らが反社会的勢力と関わりがある」との記事を2014年1月号に掲載、ヤクルトが名誉棄損による損害賠償請求を求めた結果、和解が成立し2015年4月20日にファクタが謝罪広告を掲載した[13]。

この他に2018年12月に「産経新聞が2020年10月をめどに、販売網を首都圏と関西圏などに限定、縮小する方針」であると報じ、部数の多い東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・静岡県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県に縮小してその他の地域からは撤退する方針を産経新聞社幹部が販売局に伝えたことを紹介し、独自の販売網の失われる地域における同新聞の委託販売や郵送への移行の可能性について言及した[14]が、産経新聞社によると、2021年現在において山口県を除く中部・近畿・中国・四国地方を含めた西日本向けの「産経新聞【大阪本社版】」、朝刊のみの「産経新聞 九州・山口版」、静岡県・長野県・新潟県以東の東日本地区向けの朝刊のみの「産経新聞」をそれぞれ販売している[15][16][17][18]。但し、日本ABC協会及び読売新聞社によると、2020年7月から12月にかけての産経新聞朝刊の普及率が1%を上回っている都府県は茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・香川のみであり、普及率1%未満で10000部を超えている地域は静岡県・広島県であって、即売・郵送等の部数は総部数の約4%に当たる49797部である一方、産経新聞夕刊については東京都:28部、愛知県:2部、三重県:7部、滋賀県:1620部、京都府:6862部、大阪府:238459部、兵庫県:31140部、奈良県:27829部、和歌山県:5064部、岡山県:2部、広島県:1部、福岡県:1部であり、即売・郵送等では858部にとどまっている[19][20]。 』
( https://ja.wikipedia.org/wiki/FACTA )

 …、という「前科」があるんで、そういうつもりで見ておこう…。

『 東京都の小池百合子知事(69)が「過度の疲労」を理由に入院してから3週間弱。すでに退院し、現在は自宅静養も兼ねたテレワーク中とされるが、政府・与党筋に「再入院・都知事辞任」説が、急速に広がっている。仮に手術や先端医薬投与による長期入院が不可避となれば、現場復帰のメドとされてきた都議会(12月定例会)への出席が絶望的となり、「年内にも知事を辞める可能性がある」(与党関係者)。5年前の都知事就任から国政をも揺るがす「政局の目」であり続けてきた小池氏の去就が、年の瀬を前に騒がしくなってきた。

本格的な治療のため再入院か

都の発表などによると、小池氏は「過度の疲労で1週間程度の静養が必要になった」として、10月27日に都内の病院に入院。退院した11月2日には「医師の判断により週内は自宅療養とし、その後2週間程度はテレワークで公務にあたる」と説明していた。このため都庁内では11月中の現場 ………(※ 無料は、ここまで)』