エルニーニョ/ラニーニャ現象とは

エルニーニョ/ラニーニャ現象とは
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

 ※ 今日は、こんなところで…。

『エルニーニョ/ラニーニャ現象

 エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象です。逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれ、それぞれ数年おきに発生します。エルニーニョ現象やラニーニャ現象は、日本を含め世界中の異常な天候の要因となり得ると考えられています。

1997年11月の月平均海面水温平年偏差           1988年12月の月平均海面水温平年偏差
図1 1997年11月の月平均海面水温平年偏差(左)及び、1988年12月の月平均海面水温平年偏差(右)

 図1は典型的なエルニーニョ現象及びラニーニャ現象が発生している時の太平洋における海面水温の平年偏差の分布を示しています(平年値は1981〜2010年の30年間の平均;赤が平年より高く、青が平年より低く、色が濃いほど平年偏差が大きいことを表します)。左の図は、1997/98エルニーニョ現象(1997年春に発生、1998年春に終息)が最盛期にあった1997年11月における海面水温の平年偏差、右の図は1988/89ラニーニャ現象(1988年春に発生、1989年春に終息)が最盛期であった1988年12月における海面水温の平年偏差です。日付変更線(経度180度)の東から南米沿岸にかけての赤道沿いで、赤あるいは青の色が濃く、海面水温の平年偏差が大きくなっています。

エルニーニョ/ラニーニャ現象に伴う太平洋熱帯域の大気と海洋の変動
平常時の状態

 太平洋の熱帯域では、貿易風と呼ばれる東風が常に吹いているため、海面付近の暖かい海水が太平洋の西側に吹き寄せられています(図2上)。西部のインドネシア近海では海面下数百メートルまでの表層に暖かい海水が蓄積し、東部の南米沖では、この東風と地球の自転の効果によって深いところから冷たい海水が海面近くに湧き上っています。このため、海面水温は太平洋赤道域の西部で高く、東部で低くなっています。海面水温の高い太平洋西部では、海面からの蒸発が盛んで、大気中に大量の水蒸気が供給され、上空で積乱雲が盛んに発生します。

エルニーニョ現象時の状態

 エルニーニョ現象が発生している時には、東風が平常時よりも弱くなり、西部に溜まっていた暖かい海水が東方へ広がるとともに、東部では冷たい水の湧き上りが弱まっています(図2中)。このため、太平洋赤道域の中部から東部では、海面水温が平常時よりも高くなっています。エルニーニョ現象発生時は、積乱雲が盛んに発生する海域が平常時より東へ移ります。

ラニーニャ現象時の状態

 ラニーニャ現象が発生している時には、東風が平常時よりも強くなり、西部に暖かい海水がより厚く蓄積する一方、東部では冷たい水の湧き上がりが平常時より強くなります(図2下)。このため、太平洋赤道域の中部から東部では、海面水温が平常時よりも低くなっています。ラニーニャ現象発生時は、インドネシア近海の海上では積乱雲がいっそう盛んに発生します。

エルニーニョ/ラニーニャ現象に伴う太平洋熱帯域の大気と海洋の変動
図2 エルニーニョ/ラニーニャ現象に伴う

   太平洋熱帯域の大気と海洋の変動

エルニーニョ・南方振動(ENSO)

 南太平洋東部で海面気圧が平年より高い時は、インドネシア付近で平年より低く、南太平洋東部で平年より低い時は、インドネシア付近で平年より高くなるというシ−ソ−のような変動をしており(図3)、南方振動と呼ばれています。南方振動は、貿易風の強弱に関わることから、エルニ−ニョ/ラニーニャ現象と連動して変動します。このため、南方振動とエルニーニョ/ラニーニャ現象を大気と海洋の一連の変動として見るとき、エルニ−ニョ・南方振動(ENSO:エンソ)という言葉がよく使われています。

ダーウィンと世界各地の年平均海面気圧偏差の相関係数(x10)
   図3 ダーウィンと世界各地の

      年平均海面気圧偏差の相関係数

係数が正の値のところはダーウィンの気圧が通常より高いときにその場所の気圧も通常より高い傾向にあり、係数が負の値のところはダーウィンの気圧が通常より高いとき、逆に通常より低い傾向にある。数字の大きさがその傾向の程度を示す。黒四角および十字の記号は、その地点の気圧が南方振動指数の算出に用いられるダーウィンとタヒチの位置を示す。』

日本の天候に影響を及ぼすメカニズム
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino3.html

『エルニーニョ現象が日本の天候へ影響を及ぼすメカニズム

 エルニーニョ現象が発生すると、西太平洋熱帯域の海面水温が低下し、西太平洋熱帯域で積乱雲の活動が不活発となります。このため日本付近では、夏季は太平洋高気圧の張り出しが弱くなり、気温が低く、日照時間が少なくなる傾向があります。また、西日本日本海側では降水量が多くなる傾向があります。冬季は西高東低の気圧配置が弱まり、気温が高くなる傾向があります。

図1 エルニーニョ現象が日本の天候へ影響を及ぼすメカニズム

ラニーニャ現象が日本の天候へ影響を及ぼすメカニズム

 ラニーニャ現象が発生すると、西太平洋熱帯域の海面水温が上昇し、西太平洋熱帯域で積乱雲の活動が活発となります。このため日本付近では、夏季は太平洋高気圧が北に張り出しやすくなり、気温が高くなる傾向があります。沖縄・奄美では南から湿った気流の影響を受けやすくなり、降水量が多くなる傾向があります。冬季は西高東低の気圧配置が強まり、気温が低くなる傾向があります。

図2 ラニーニャ現象が日本の天候への影響を及ぼすメカニズム

インド洋熱帯域の海洋変動が日本の天候へ影響を及ぼすメカニズム

 夏季にインド洋熱帯域で海面水温が高いと、インド洋全域で海面気圧が低めになり、赤道に沿って西太平洋まで低気圧場が伸張してくる傾向が見られます。このときフィリピンのミンダナオ島東方では、低気圧場に向かって吹く北東風偏差が発生、フィリピン付近を中心に下降流となり、積乱雲の活動が不活発になります。日本付近では太平洋高気圧の北への張り出しが弱くなり、北日本を中心に多雨・寡照となる傾向があり、沖縄・奄美では高温となる傾向が見られます。

 インド洋熱帯域の海面水温は、エルニーニョ/ラニーニャ現象が発生すると、エルニーニョ監視海域の海面水温の変動に遅れて変動する傾向があります。このことから、エルニーニョ現象終息後の夏季に、北日本を中心に多雨・寡照、沖縄・奄美で高温となることがあります。また、ラニーニャ現象終了後の夏季に、その逆の傾向が現れますが、インド洋の海面水温が高い場合ほど顕著ではありません。

図3 インド洋熱帯域の海洋変動の日本の天候への影響』

“ラニーニャ現象”発生で、この冬の雪は…気象予報士が解説

“ラニーニャ現象”発生で、この冬の雪は…気象予報士が解説 
富山テレビ
地域
2021年11月11日 木曜 午後7:00
https://www.fnn.jp/articles/-/268647

 ※ 既に、「ラニーニャ現象」が発生している…、という情報だ。

 ※ 大雪になるのか…。

 ※ これも、「地球規模の気候変動」の一つなのか…。

『 冬の気配がする富山県内ですが、この冬も、急なドカ雪や大雪に注意が必要です。

気象庁は、毎月「エルニーニョ監視速報」という情報を発表していて、10日発表された速報によりますと、10月からラニーニャ現象が発生しているとみられ、今後、冬の終わりにかけてラニーニャ現象が続く可能性が高くなっています。

大雪だった昨シーズンも、ラニーニャ現象がおきていました。
ラニーニャ現象の冬は、偏西風が日本付近で南へ蛇行し、冬型の気圧配置が強まり、寒気が流れ込みやすくなることがあります。

この冬も、西日本を中心に寒い冬になると予想されています。
ラニーニャ現象が起きていた前の冬。
富山市は35年ぶりの大雪になりました。
2000年以降、ラニーニャ現象の年は日本海側で大雪になるという状況がたびたび起きています。

この冬の降雪量は、「ほぼ平年並み」の予想で、富山の冬らしい冬が予想されていますが、さらに強い寒気の南下によって急なドカ雪になるおそれもありますので、備えておきましょう。』

リビア雇い兵300人撤退 東部勢力が方針

リビア雇い兵300人撤退 東部勢力が方針
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB124JT0S1A111C2000000/

※ 基本は、「油田の支配」をめぐる、「大人の醜い争い」だと思う…。

※ しかし、周辺の「大国の利害」、ここの「地政学的重要性」、ひいては近接領域での「ガス田の発見」などが、影響して、「パイプライン敷設を巡る権益争い」なども発生したようだ…。

※ そして、各国は「自国の軍隊」送り込むのでは無く、「傭兵組織」を使っての「傭兵同士の争い」となったようだな…。

※ 一番上の画像では、周辺のアフリカ諸国からも「その類い」が送り込まれたようだな…。

※ 貧困問題が横たわっているから、「傭兵のなり手」には事欠かないんだろう…。

『【カイロ=共同】リビア内戦の主要勢力で東部のハフタル司令官率いる軍事組織「リビア国民軍(LNA)」は11日、同国に展開し、治安面で懸念を生んでいる外国人雇い兵と外国人戦闘員、約300人を撤退させる方針を明らかにした。

パリで12日、リビア和平を巡り、フランスのマクロン大統領やハリス米副大統領が参加する国際会合が開催予定で、雇い兵の撤退も主要議題となっている。会合を前にLNAが融和姿勢を示したとみられる。LNAは「フランスの求めに応じた」と説明している。

2011年のカダフィ政権崩壊後、民主化の失敗を経て東西勢力の内戦となったリビアでは、東部勢力をエジプトやロシアが、西部勢力をトルコがそれぞれ支援する。

内戦中に双方がシリアなどから雇い兵や戦闘員らを送り込み、昨年10月の停戦以降も治安の不安定要因になっている。フランス公共ラジオによると、リビアには現在約2万人の雇い兵らがいるという。』

リビア内戦 収束見えず 「雇い兵」まん延 大国の介入続く
2020年5月18日 16時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/25791

国家分裂のリビアで露とトルコが対立 代理戦争深刻化も
https://www.sankei.com/article/20191229-TU7ZAMY3AZJQLNK4CQAVJFLQDM/

インド、対中係争地で道路建設2兆円 軍の展開を支援

インド、対中係争地で道路建設2兆円 軍の展開を支援
24年総選挙にらむ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGV1112G0R11C21A1000000/

※ 山岳地帯なんで、道路を通すと言っても、こういう風に「斜面削って、作る」しかない…。

※ 「兵站」行うのが、大苦労なわけだ…。

『インドが中国との係争地がある北部ラダック地方で、インフラ整備を急いでいる。インド軍の展開を助ける道路、橋、トンネルなどの建設で計1兆4000億ルピー(約2兆1400億円)の予算を見込む。中国への強い姿勢を示す。2024年に想定される総選挙をにらみ、与党への支持を高めたいモディ首相の思惑が透ける。

インド政府は「(軍事)作戦上重要な」73カ所の道路、橋、トンネルなどを建設する計画だ。部隊や兵器の配備を容易にするため、戦略的な全天候型の道路を建設している。長さ14.5キロメートルのトンネル(建設費は460億ルピー)を経由する設計だ。

ラダック地方の当局とインド軍の道路工事部門(BRO)は9月、丘陵地帯の通行を改善するための覚書に署名した。2車線道路、トンネルの整備など5つのインフラ計画を進める。
インド北部の中国国境近くに設けられた通信設備(10月)=ビラル・フサイン撮影

ラダック地方のレーとトゥルトゥクの間の移動時間を現行の9時間から3時間半に短縮できる26.6キロメートルの新しい道路の建設も計画している。BROは標高が6000メートル近いラダック東部の高地にも52キロメートルの道路を整備した。

BROは5万人以上の労働者を雇っている。その一人であるマヒンダさんはインド東部のジャルカンド州の出身で、初めてラダックにやってきた。月給は2万2000ルピーだが、10%前後が食費として天引きされている。

ラダック地方の環境は過酷だ。天気は変わりやすく、工事は容易に遅れたり停止したりする。冬の気温はマイナス40度を下回り、(高地なので)空気はかなり薄い。
防寒具を着込んだ建設労働者ら(10月、インド北部)=ビラル・フサイン撮影

インドはラダック東部で複数の空軍基地を建設中だ。配備される戦闘機はフランス製の「ラファール」、ロシア製の「ミグ29」など。インドは36機のラファール戦闘機を約5800億ルピーで購入する契約を締結した。第1弾として5機が7月に納入された。

ラダック地方でにらみ合っていたインドと中国の部隊は20年6月に衝突し、45年ぶりに死者を出した。その後も小競り合いが起きている。
ラダック地方を移動するインド軍兵士ら(2020年)=ロイター

両国はそれぞれ実効支配線に沿って兵士や物資を新たに投入。現地からの報道によると、いずれも最大で6万人規模の部隊を配置している。中国はこの地域と周辺で少なくとも10カ所の空軍基地を新たに建設したとみられている。

インドはパキスタンともカシミール地方の領有権を巡り、対立している。中国がパキスタンを支援しているとみて、インドは中国への態度を硬化させている。パキスタン軍の将校が中国軍の西部司令部と南部司令部に駐在していると報じられた。西部司令部はインドと接するチベット自治区や新疆ウイグル自治区を管轄しているとみられている。

インド陸軍のトップは、中国軍の動きを監視していると認めた。それをみたうえでインドが(ラダック地方で)軍備を増強していると説明した。インド軍の関係者の多くは、有事の場合、インドが中国、パキスタンとそれぞれ同時に対峙する事態もあり得ると指摘する。

(寄稿、インド北部レー=ビラル・フサイン)
この記事の英文をNikkei Asiaで読む
Nikkei Asia

【北京=羽田野主】中国もインドとの係争地でインフラ整備を進める構えだ。10月には陸上の国境地帯の管理を強化する「陸地国境法」を成立させた。中国側で交通や通信、監視、防衛などのためのインフラを建設できると明記。いかなる組織・個人も耐久性のある建築物を中国の許可なく設けてはならないと定めた。

国境警備に人民解放軍(中国軍)だけでなく、治安維持が担当の人民武装警察部隊(武警)や公安(警察)も動員できる。違法な越境者が暴力行為に及べば武器の使用が可能だ。国境付近で許可なくドローン(無人機)などを飛ばすことは禁じた。

インドを想定しているとみられるのが水資源を巡る保護規定だ。チベット自治区に水源があるブラマプトラ川はインドの貴重な水資源。同法に盛り込まれた「保護と合理的な利用」を理由に紛争時などに水量を制限する可能性を示唆している。』

イスラエル、UAEなど紅海で演習 米中央海軍が発表

イスラエル、UAEなど紅海で演習 米中央海軍が発表
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111101269&g=int

『【イスタンブール時事】米中央海軍は11日、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの3カ国部隊と共に、紅海で合同軍事演習を実施したと発表した。この4カ国の枠組みによる海上演習が公表されるのは、これが初めて。4カ国が共通の脅威と見なすイランを念頭に置いて行われた可能性もある。

〔写真特集〕米原子力空母「カール・ビンソン」

 米中央海軍は声明で、10日から5日間行われる演習は「地域の安定に不可欠である航海や通商の自由を保護する上で役立つ」と指摘した。
 イスラエルは昨年、当時のトランプ米政権の仲介により、UAE、バーレーンと国交を正常化させた。これを機に3カ国間での経済協力が進む中、軍事面でも関係が深まっていることが示された形だ。 』

ペルシャ湾にアラビア半島、紅海…
http://coolum.sblo.jp/article/123960524.html

EU難民問題で制裁強化へ ベラルーシ、ガス停止警告

EU難民問題で制裁強化へ ベラルーシ、ガス停止警告
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB115VC0R11C21A1000000/

 ※ 昨日貼れなかったものを、貼っておく…。

 ※ 難民送り込みvs.ガス停止…、の争いだ…。

『【ワシントン、モスクワ=共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は10日、ベラルーシが意図的に中東などからの難民や移民をEU側に送り込んでいるとして来週初めに制裁を強化すると発表した。米政府に関しても12月初めに新たな対ベラルーシ制裁を発動する見通しだと述べた。バイデン米大統領とホワイトハウスで会談後、記者団に語った。

これに対し、ベラルーシのルカシェンコ大統領は11日、EUが制裁を強化した場合、ロシア産天然ガスを自国経由で欧州に送っているパイプラインを止める可能性があると警告した。インタファクス通信が伝えた。

難民らの流入はルカシェンコ政権がEUの制裁に報復したとの見方が強い。同政権を支える隣国ロシアは10日、ベラルーシ上空に戦略爆撃機を飛ばし国境付近の共同パトロールを実施したと発表しており、米欧が新たな制裁に踏み切れば、緊張がさらに高まりそうだ。

ベラルーシとポーランドの国境では、EU入りを狙う難民ら数千人が立ち往生。夜は氷点下の寒さとなり、死者も複数に上ると報じられ、対応が急務になっている。国連のドゥジャリク事務総長報道官は10日、人道上の原則や国際法に基づく解決を呼び掛け、「政治利用すべきでない」と懸念を示した。

フォンデアライエン氏は記者団に「独裁主義政権が近隣の民主国家を不安定化させようとする試みだ」とベラルーシを非難した。EUの新たな制裁対象については、難民らの輸送を支援する航空会社を検討していると説明した。ロイター通信はEU高官の話として、ベラルーシの外相や航空会社など約30の個人・団体が新たな制裁対象となると伝えた。

バイデン氏は会談でEUへの難民らの流入に「深い懸念」を表明。難民らの母国に対してベラルーシに利用されないように働き掛けることなどでフォンデアライエン氏と一致した。』