米議員団、軍用機で台湾訪問 中国は反発

米議員団、軍用機で台湾訪問 中国は反発
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN100750Q1A111C2000000/

『【ワシントン=中村亮】米議会の代表団が台湾を訪問したことが9日、わかった。米国防総省のカービー報道官が同日、記者団に対して軍用機で移動を支援したと認めた。米国が台湾問題に関与する姿勢を重ねて示す狙いがある。中国は強く反発している。

訪問団に参加している議員、日程や面会相手は明らかになっていない。米国務省のプライス報道官は9日の記者会見で「議員団にたずねてほしい」として詳細について言及を避けた。

米要人の台湾訪問をめぐっては、6月にタミー・ダックワース氏ら上院議員3人が蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と会談し、新型コロナウイルスのワクチンを提供すると伝えた。リチャード・アーミテージ元国務副長官ら3人の要人も4月に非公式代表団として台湾を訪れた。

中国では中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が開催中。米議員団は重要会議のさなかに台湾を訪れることで、台湾への軍事圧力を強める中国をけん制する思惑もありそうだ。

中国国防省の報道官は9日夜、「米国の国会議員が軍用機で台湾を訪れたことに対し、我々は断固たる反対と強烈な非難を表明する。米国の行動は中国の内政に露骨に干渉し、中国の領土主権を著しく損なっている」とする談話を発表した。カービー氏は「議員が軍用機で移動することは珍しくない」と指摘し、中国に反論した。

米中は対話も探っている。複数の米メディアは9日、バイデン米大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席のオンライン協議が来週にも開かれる予定だと報じた。米中は10月上旬、オンライン形式の首脳協議を年内に開くことで原則合意した。』