立民 選挙前の議席 確保できなかったことを科学的に分析へ

立民 選挙前の議席 確保できなかったことを科学的に分析へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211109/k10013340891000.html

 ※ 左翼は、「科学的」が好き…。

 ※ サイエンス好きとは、また、違っているんだと思う…。

 ※ この手の人の口から、「AI」の仕組み・原理・使われている数式とか、「大気の3D柱のエネルギー伝搬モデル」の話しとか、「量子コンピュータの原理」とか、聞いたことは無い…。

 ※ さっぱり、サイエンティフィックじゃ無いんだ、と思う…。

 ※ エダノンは、東北大法学部出身らしい…。

『立憲民主党は、衆議院選挙後初めてとなる両院議員総会を開き、選挙前の議席を確保できなかったことについて科学的に分析し、新しい執行部に引き継ぐ方針が了承されました。

10日の特別国会の召集を前に立憲民主党は9日午後、両院議員総会を開きました。
この中で、枝野代表は、衆議院選挙について「多くの仲間が議席を得られず、現有議席を減らすという大変残念な結果になった。この結果は全力を尽くしただけに私自身の力不足そのものだ」と述べ、今月12日の特別国会の閉会後に代表を辞任する考えを改めて示しました。

そして、選挙前の議席を確保できなかったことについて、福山幹事長が共産党との連携がどのように影響したのかなどを科学的に分析し、新しい執行部に引き継いでいく方針を説明しました。

これに対し、出席者からは「選挙の総括は拙速に行うべきではなく、共産党との連携の是非などをめぐって路線対立が起きているなどと言われないよう、第三者を入れてしっかり行ってほしい」といった意見が出されましたが、執行部の方針は了承されました。

一方、福山幹事長は記者会見で、枝野代表の後任を選ぶ代表選挙の日程について、今月12日に決定する方針を明らかにしました。』