中国の砂漠に米空母模型、ミサイル実験に利用か

中国の砂漠に米空母模型、ミサイル実験に利用か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN090NH0Z01C21A1000000/

『【ワシントン=中村亮】中国が新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に米海軍の原子力空母やミサイル駆逐艦を模したとみられる建造物をつくったことが分かった。複数の米メディアが8日、人工衛星写真の分析をもとに報じた。対艦ミサイルの実験に使うとみられる。

報道によると、移動できるよう線路の上に設置されている模型もあるという。ミサイルの命中が難しい艦艇移動中を想定した実験や訓練に使う可能性がある。中国はこれまでも砂漠地帯で模型を建造し、ミサイルの開発や性能向上の実験をしていたとの見方が多い。

中国は台湾海峡や南シナ海の有事で多様で大量のミサイルを使って米軍を中国本土に近づかせない戦略をとると、米国は想定する。ミサイルの性能向上はこうした戦略に寄与する。

米国防総省のカービー報道官は8日の記者会見で「中国の軍事演習や軍事訓練については中国が説明することができる」と語り、報道について論評を避けた。』