与野党、世代交代進む 大物議員が落選・選挙区敗北

与野党、世代交代進む 大物議員が落選・選挙区敗北
石原伸・辻元氏ら
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA011360R01C21A1000000/

※ 石原兄弟については、伸晃氏は、比例復活もならず…、宏高氏は、比例で復活した…。

※ 過去の選挙戦で、威力を発揮した「石原軍団」も、既に解散し、親父の御威光も、さすがに衰えたんだろう…。

※ 親父の現在について、ちょっと調べると、現在89歳で、脳梗塞も発症したらしい…。ご存命では、あるようだ…。

※ 諸行無常、栄枯盛衰だな…。

※ あと、個人的に注目していた桜田義孝元五輪相だが、小選挙区では敗北したが、比例で復活してた…。菅さんが、応援に入ったが、功を奏さなかったようだ…。比例復活は、3回目だそうだ…。

『衆院選は与野党の幹部や閣僚を務めた「大物議員」が小選挙区で相次ぎ敗北した。立憲民主党の小沢一郎氏が小選挙区で初めて敗れ、自民党の石原伸晃元幹事長は比例代表でも復活できず落選した。若年層や無党派層の支持を取り込めず、世代交代が進んだ。

79歳の小沢氏は1969年から当選を重ねてきた。小選挙区比例代表並立制が導入された96年以降も選挙区で連続8選し、今回初めて比例代表での復活当選となった。

対抗馬の自民前職は38歳で「世代交代」を訴えて選挙を戦った。共同通信の出口調査をみると50歳代以上の世代は小沢氏に投票する割合が50%を超え、40歳代以下は50%未満だった。

自治相や党税調会長を経験した自民党の野田毅氏は17回目の当選がかなわなかった。相手は自民系の一部団体が推した43歳の無所属新人で、やはり「世代交代」を訴えた。

自民は衆院の比例候補を原則73歳未満にする内規がある。80歳の野田氏は重複立候補できず、小選挙区の敗北により議席を失った。

「今回は私の力量不足でこのような結果を招いてしまい、本当に申し訳ございません」。立民の新人に敗れた石原氏は31日夜、支持者らにこう頭を下げた。

90年の初当選以来、連続10期務めた。経済財政・再生相や環境相を歴任し、山崎拓氏の派閥を引き継いで石原派の会長を務めてきた。総裁選にも2008年と12年の2回挑戦した。

共同通信の出口調査をみると、無党派層の65%が当選した立民の新人候補に投票した。残る35%のうち20%は日本維新の会の新人に入れ、石原氏は15%しか取れなかった。

石原氏の得票率は37.2%で、17年の39.2%から大きな変化はなかった。17年は立民、希望の党、共産党など石原氏のほかに5人の候補が票を奪い合って勝利した。今回の相手は立民と維新の2人だけで政権批判票がまとまったうえ、保守票が維新に流れたとみられる。

当選8回の原田義昭元環境相と山本幸三元地方創生相も落選した。いずれも73歳以上のため野田氏と同様に小選挙区のみの立候補だった。

立民では辻元清美副代表や旧民主党政権で官房長官を務めた平野博文氏らが議席を失った。

小選挙区で敗れたものの、比例代表で復活当選した自民の大物も多い。その1人が当選13回の甘利明氏だ。現職の幹事長として初めて小選挙区で敗北し、岸田文雄首相(党総裁)に幹事長を辞任する意向を伝えた。

現役の閣僚では東京5区に立候補した若宮健嗣万博相が競り負けた。平井卓也前デジタル相、塩谷立・元文部科学相、金田勝年元法相、桜田義孝元五輪相ら閣僚経験のあるベテランも小選挙区で当選に届かなかった。

立民の中村喜四郎元建設相も茨城7区で敗北し、比例復活で15回目の当選となった。1994年にゼネコン汚職事件で自民を離党した後も強固な後援会組織に支えられ「無敗の男」と呼ばれてきた。

今回は70歳以上のベテラン議員にとって厳しい選挙になった。70歳以上の比例代表での復活当選も含む勝率をみると、前回の17年衆院選の55.7%から今回は43.3%に低下した。40歳代の勝率は39.7%から45.5%に高まった。

自民で選挙対策部長を務め現在は選挙・政治アドバイザーの久米晃氏は「下馬評よりも若手が善戦し、ベテランが苦戦した」と指摘する。

「新型コロナウイルス禍で有権者は与野党の対決型の政治にうんざりした。古いタイプと目される政治家への抵抗感が投票行動に表れたのではないか」と分析する。

当選者の平均年齢は55.53歳で、17年衆院選の54.74歳からやや上昇した。自民も立民も1歳ずつ上昇した。勝率でみると若年層の方が有利になりつつある一方、前職の多くが当選して全体の年齢を引き上げた。
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

室橋祐貴のアバター
室橋祐貴
日本若者協議会 代表理事
コメントメニュー

分析・考察

小選挙区でベテラン議員が敗れたのは象徴的な一方、立憲民主党の小沢一郎氏(79)、中村喜四郎氏(72)が比例で当選した、つまり下の年代の議席を奪ったのには非常に違和感が残ります。自民党に比例の定年制があるように、立憲民主党ら他の政党も定年を設けた方が良いのではないでしょうか。
2021年11月2日 3:06 』