中国・ロシア国境の黒河、甘粛省の蘭州など、いきなり都市封鎖

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆☆◇◆◇☆◆◇◆☆◇◆◇☆◇◆◇ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)10月30日(土曜日)
通巻第7100号   <前日発行> 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中国・ロシア国境の黒河、甘粛省の蘭州など、いきなり都市封鎖
  デルタ株感染者が数名、突然のロックダウンは過剰予防か、それとも?
****************************************
 日本では武漢肺炎(新型コロナ)の災禍が恰も終息したような雰囲気があるが、まもなく第六波がやって来そうだ。イヤ、確実に第六波はくる。

 モスクワは一部地域にロックダウン、外出禁止となっている。他方で、ツアーブームが再燃している。ロシア政府は、10月29日から11月7日までを「非労働週間」とし、勤務先へ行くな、自宅からダーチャへ行って外出を控えろというキャンペーンを始めた。
 中国でロシアと国境を接する黒河が都市封鎖を決定した(10月28日)。黒河は、目の前がロシアで、夥しいロシアからの観光客がある。

 WHOによればデルタ株の93%が英国であり、しかも既にデルタ株は世界43ヶ国で感染が見られるとしている。
 英国ではチャールズ皇太子の感染が確認され自主隔離。スペインではマリア・テレサ王女が死亡した。
 いずれもデルタ株による感染と言われる。

 問題は中国である。

 コロナを退治したと大見得を切っていたが、十月中旬に東北部で感染拡大、内蒙古省では黒河封鎖前にも州都のフフホトなどが都市封鎖となった。
 10月26日、甘粛省蘭州では六人の感染が伝わり、400万都市である蘭州が都市封鎖という厳格な措置が取られた。
 デルタ株への過剰反応、それとも国家安全保障上の訓練なのか?

 北京では僅か四人の感染が出たが、北京五輪の外国人客はお断りとなり、北京マラソンは延期と決まった。

 公表された数字では中国における10月17日から26日までの感染者は198人である。因みに日本は規制緩和に動き、居酒屋も久しぶりに再開された。このところ、一日の感染は東京が30人以下となった。しかし中国の感染者は、その日本より圧倒的に少ないのである。
 何かおかしくないか?

     ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎