(お知らせ) 中国及びロシア海軍艦艇の動向について

(お知らせ) 中国及びロシア海軍艦艇の動向について
令和3年10月21日 統 合 幕 僚 監 部
https://www.mod.go.jp/js/Press/press2021/press_pdf/p20211021_03.pdf

『10月18日(月)午後6時頃、海上自衛隊は、津軽海峡を通過した中国海
軍レンハイ級ミサイル駆逐艦1隻、ルーヤンIII級ミサイル駆逐艦1隻、ジャン
カイII級フリゲート2隻及びフチ級補給艦1隻並びにロシア海軍ウダロイI級
駆逐艦2隻、ステレグシチー級フリゲート2隻及びマルシャル・ネデリン級
ミサイル観測支援艦1隻が青森県尻屋崎の東南東約40kmの海域において、
南東進したことを確認した。
10月20日(水)午前1時頃、これら艦艇が千葉県犬吠埼の東約130
kmを引き続き南進し、10月21日(木)午前4時頃には、小笠原諸島の
須美寿島と鳥島との間の海域を西進したことを確認した。その後、須美寿島の
南西約50kmから100kmの海域において、中国海軍艦艇ジャンカイII級
フリゲート1隻及びロシア海軍艦艇ステレグシチー級フリゲート1隻の艦載
ヘリの発着艦を確認した。
防衛省・自衛隊は、海上自衛隊第2航空群所属「P-3C」(八戸)、第45
掃海隊所属「いずしま」(函館)、第11護衛隊所属「やまぎり」(横須賀)及び
第6護衛隊所属「たかなみ」(横須賀)により、所要の情報収集・警戒監視を行
った。
また、艦載ヘリの発着艦に対し、戦闘機を緊急発進させる等を行い対応した。』