中国、太平洋諸国と外相会合 原発処理水や米英豪批判

中国、太平洋諸国と外相会合 原発処理水や米英豪批判
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021102101274&g=int

『【北京時事】中国の王毅国務委員兼外相は21日、初の「中国・太平洋島国外相会合」を9カ国外相らとオンラインで開き、東京電力福島第1原発の処理水放出方針や、米英とオーストラリア3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」を改めて批判した。中国外務省が発表した。

太平洋島しょ国と首脳会議へ 中国軍事進出で高まる重要性

 王氏は処理水問題について「オープンかつ慎重に責任をもって処理し、利害関係国が一致する前に放出を始めてはならない」と主張。米英が豪州の原子力潜水艦取得に協力する構図のAUKUSは「核拡散の危険をもたらし、軍備競争を招き、地域の平和と安定を損ねる」と非難した。 』