中国における高速鉄道の発展の新段階― 技術導入から独自の研究開発を経て海外展開へ ―

中国における高速鉄道の発展の新段階
― 技術導入から独自の研究開発を経て海外展開へ ―
https://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/161019sangyokigyo.html

『中国が高速鉄道網を建設する夢を見始めたのは、鄧小平氏の1978年の訪日に遡る。同年10月26日に鄧氏は新幹線で東京から京都に向かった。新幹線に乗った感想を求められ、「速い。とても速い。後ろからムチで追い立てられているようだ。これこそ我々が求めている速さだ」「我々は今走らなければならない」と述べた。それを聞いた多くの中国人は、高速鉄道が近代化のシンボルとして中国の大地で疾走する日を待ち望んでいたに違いない。

その直後の1978年12月に中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議が開催され、これをきっかけに、中国は改革開放路線に転換し、高度経済成長期に入った。21世紀に入ってから、目覚ましい経済発展を遂げた中国は、高速鉄道の建設に本格的に取り組むようになった。そして、高速鉄道の発展は、中国経済を牽引するエンジンになってきている。

2015年末現在、中国における高速鉄道の営業距離は、国土を縦横に結ぶ8つの路線からなる「四縦四横」を中心に、1万9,000kmに達しており、世界全体の6割を超えている(李克強、全国人民代表大会で行われた「政府活動報告」、2016年3月5日)。これをベースに、中国は2016年7月に発表された新しい「中長期鉄道網計画」において、「八縦八横」を中心に、高速鉄道の営業距離の目標を2020年には3万km、2025年には3万8,000kmとしている。

中国は、高速鉄道の発展のプロセスにおいて、海外からの技術導入を梃に、独自の研究開発の能力を向上させた。これまで蓄積した技術と低コストを武器に、高速鉄道の海外展開を目指している。』

『高速鉄道網の拡大:「四縦四横」から「八縦八横」へ

中国では、1997年4月から2007年4月までの10年間に合計6回にわたり、主に在来線の改良を通じて鉄道の高速化が行われてきた。2004年4月の5回目の高速化には時速200km、2007年の6回目の高速化には時速250kmの路線が初めて登場したことで、中国における鉄道の発展は、ようやく「快速」の段階から「高速」の段階に入った。

中国が高速鉄道網の整備に向けて、在来線の改良を通じた高速化を超えて、旅客専用線の建設に取り組むようになったのは、2004年に「中長期鉄道網計画」が策定されて以降のことである。同計画では、2020年までに鉄道の総営業距離が10万km、うち高速鉄道の旅客専用線が1万2,000kmに上るという目標が定められた。「四縦四横」に加え、環渤海湾地域、長江デルタ地域、珠江デルタ地域など、広域経済圏内の主要都市を結ぶ旅客専用線が高速鉄道網建設の中心と位置づけられた。

2008年8月1日、北京と天津を結ぶ京津城際鉄道が中国における最初の高速鉄道の旅客専用線として開業した。路線の最高設計速度は時速350kmと、鉄輪式として当時の世界最速となった。

2008年9月に起きたリーマンショックを受けて、同年10月に内需拡大策の一環として、「中長期鉄道網計画」が改訂され、鉄道の総営業距離の目標が2020年までに12万km、うち高速鉄道の旅客専用線は1万6,000kmに達すると上方修正された。

2011年2月に劉志軍部長をはじめ、多くの鉄道部の幹部が汚職などの問題で解任され、また、同年の7月23日に甬台温線で衝突脱線事故が発生し、多くの死傷者を出した。これを受けて、国内外で中国における高速鉄道の安全性に対する不信感が高まり、高速鉄道の建設が急に減速したが、この影響は一時的なものにとどまった。

その後、計画が順調に進み、2015年末現在、高速鉄道の営業距離は1万9,000kmに達し、「中長期鉄道網計画」の目標を前倒しで実現した。特に、「四縦四横」の中で最も規模が大きく、旅客輸送量の多い京滬高速鉄道と京広高速鉄道は、それぞれ2011年6月30日と2012年12月26日に開通した。京滬高速鉄道は全長1,318kmに及び、北京と上海を約5時間で結ぶ。総工費は2,209億元に上った。また、京広高速鉄道は全長2,298kmに及び、高速鉄道の路線としては世界最長となる。北京と広州を約8時間で結び、香港までの延伸計画も進められている。

高速鉄道網のさらなる拡大を目指して、2016年7月に、政府は、「四縦四横」を拡張した「八縦八横」を中心とする高速鉄道網の構築を目指す新しい「中長期鉄道網計画」を発表した(図1)。同計画では、2020年までに鉄道網の規模を15万kmとし、うち高速鉄道は3万kmで、8割以上の大都市を網羅し、2025年までに鉄道網の規模を17万5,000km前後、うち高速鉄道は3万8,000km前後とする目標が設定されている(表1)。』

(※ 以下、省略)