〔ラオス〕

 ※ ちょっと、疲れてきた…。

 ※ 今日は、こんなところで…。

ラオス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B9

※ ここも、北部は山岳国家だな…。メコン川の流域だから、もっと平野が多いと思っていた…。

※ 通常の地図で見ると、こんな感じ…。

※ 首都ヴィエンチャンの雨温図…。熱帯かつモンスーン気候で、雨季と乾季ありだ…。

※ 比較のために、タイのバンコクの雨温図を貼っておく…。こっちのほうが南にあるんで、より気温は高いな…。

※ それでも、似たような気候だ…。

『ラオス人民民主共和国(ラオスじんみんみんしゅきょうわこく、ラーオ語: ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ:英語: Lao People’s Democratic Republic)、通称ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する社会主義共和制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はキープ、人口約701万人(2018年時のラオス政府発表による)[3]、首都はヴィエンチャンである。

ラオス人民革命党による一党独裁体制が敷かれている[4]。 』

『地理

ラオスの地図
ラオスの地形図
詳細は「ラオスの地理(英語版)」を参照

ラオスは、海と接しない内陸国である。国土の多くが山岳で占められており、隣国に比べて比較的森林資源が多く残っていた地域であるが[27][28]、近年急激な森林破壊が問題となっている。国土面積の61%は二次林(2006年)[注 1][28]。そして、この森林地帯でも多くの人々が生活している。原生林は、国土面積の6%である[28]。

ビア山(標高2817メートル)が最高峰である。

メコン川

メコン川周辺には小さく平地が広がっている。メコン川はラオスを貫いて流れており、ミャンマーと、またタイとの国境をなしている。タイとの国境線の3分の2はメコン川である。また、国境として隔てるだけでなく、人や物が行き来する河川舟運にも利用されている。1866年、フランスは、雲南とサイゴンを結ぶ通商路としてメコン川を利用しようと探検隊を派遣した。探検隊は中国まで到達はしたが、カンボジアとラオスとの国境にあるコーンパペンの滝が越えがたかったので、通商路としての可能性は否定された。それでも今日(2000年代)、ヴィエンチャンと雲南・景洪(中国とラオスの国境にある)との間で物産を満載した船が行き来し、大切な交通路となっている[29]。

メコン川の乾季と雨季の水位の差は、ヴィエンチャンで10メートルを超えることもある。乾季の終わりの4月頃には最低の水位になり、小さな支流では水がほとんどなくなってしまい、メコン川本流でも驚くほど水位が下がってしまう。しかし、5月の雨季とともに水量が増し、8 – 9月には自然堤防を越えるほどの水量になり、低地を水で覆うほどになる[30]。

メコン川は、栄養塩類が少ないが、雨季に洪水となる後背地・氾濫原の底土からの栄養塩類を受けられる。そのため藻類やプランクトンなどが多く発生し、草食性・プランクトン食性の魚の藻場になっている。このようなことから魚類が多く、周囲の人たちの漁場になっている[31]。

気候

ラオスの気候はモンスーンの影響で明瞭な雨季と乾季がある[32]。

暑季が2月下旬頃から5月。4月から5月の平均気温は30度近く、最高気温が40度を超える日もある。
雨季が6月から10月。年間総雨量のほとんどは雨季に集中する。ただし、1日中雨が降り続く日は少なく短時間に大雨が降ることが多い。
乾季は11月から2月下旬。北東の季節風が吹き、降雨はほとんどない。12月、1月頃は、気温が下がり冬になる。』

気候 ヴィエンチャン (ラオス)
https://ja.climate-data.org/%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%A2/%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B9/vientiane-capital/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3-1323/