「North Korea’s efforts to raise birth rate seem to be failing to address root causes」

Mun Dong Hui 記者による2021-10-18記事「North Korea’s efforts to raise birth rate seem to be failing to address root causes」
https://st2019.site/?p=17672

 ※ この記事読んで、ちょっと「考えを修正」した…。

 ※ やはり、スティーブ・ジョブズは、「世界を変えた男」なのか…。

 ※ しかし、iOS自体、Linuxカーネルで、「C言語」とは切っても切れない関係だと思うんだが…(アンドロイドも、Linuxカーネルである点は同じ)。

 〔「デニス・リッチー」、「真に」世界を変えた男…。〕
https://http476386114.com/2020/07/30/%e3%80%8c%e3%83%87%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%80%81%e3%80%8c%e7%9c%9f%e3%81%ab%e3%80%8d%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%82%92%e5%a4%89%e3%81%88%e3%81%9f%e7%94%b7/ 

『『デイリーNK』は木曜日に北鮮内の情報屋に電話取材した。そのソース氏いわく。
 今日では北鮮人は1人の子供もつくる気はない。満足に育てられないことは明瞭だからである。

 UNFPA=国連人口基金が4月に出している統計値によれば、世界の出生率(1人の出生適齢女性が何人の子供を産むことになるか)は2.4なのだが、北鮮は1.9であると。

 北鮮当局は、乳製品を増産すれば出生率は上がると錯覚している様子だが、北鮮人民のノー・キッド志向は、乳製品とは何の関係もない。

 平壌の産科病院。ここでは、新生児の母親には、「海草スープ」が提供される。ところがそれはタダではない。臨月の婦人が入院するときに、病院スタッフに「つけとどけ」をする必要があるのだ。ドクターには現金を渡す必要がある。

 現代北鮮の俚諺にいわく。「女は結婚したその瞬間から、強制労働生活が始まる」と。
 この認識が普及・定着したのだ。だからそもそも誰も結婚しない。

 ※すべてはスマホのおかげである。スティーヴ・ジョブズは偉すぎる。タリバンが、女からスマホをとりあげるという話も、続報が無いので、頓挫したのであろう。あたりまえだっての。

 北鮮政府は、医師が堕胎に手を貸すことを禁止した。しかし田舎では、依然として、こっそりと、中絶手術が医師たちによって請け負われている。

 北鮮女性の避妊は、挿入式「リング」だのみだ。ほとんどの親は、娘が高校を卒業したときから、このリングを使えと指導している。

 カネをもらって堕胎を手伝った産婦人科医(Ob/gyn)は、もしそれがバレて訴追されれば、強制労働キャンプ送りである。

 ※そうなるわけがない。警察は袖の下を優先するし、公安だってこっそりと堕胎を頼むはずなのだから。つまり今の北鮮で最も安泰な職業は、産科医か? ひとつの疑問。どうして米国製の堕胎薬が北鮮内に「密輸」されない? その商機を中国人や韓国人が見過ごしていることなんて、あるだろうか?』