惜敗率

惜敗率
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%9C%E6%95%97%E7%8E%87

 ※ よく知らんかったので、調べた…。

 ※ なるほど、「比例」で、「同一順位」候補の場合、「惜敗率」で決めるのか…。

 ※ 誰を、「名簿の上位にするか」「同一順位にするか」は、各政党の意思によるんで、「幹事長」の権限が重要になるわけだ…。

『惜敗率(せきはいりつ)とは、日本の選挙におけるある候補者の得票数を同一選挙区で最多得票選者の得票数で割ったもの[1]。』

『1996年以降の日本の衆議院議員総選挙では小選挙区比例代表並立制で立候補者が「小選挙区選挙」と「比例代表選挙」に重複立候補できる。

比例代表の名簿には政党が複数の重複候補者を同一順位にすることがあるが、この場合、候補者の惜敗率を求め、惜敗率の高い候補者から比例名簿の順位が決められていく[1]。

惜敗率を使うと、より近く当選者に肉薄していた落選者が優先される[1]。』