Microsoft、ビジネスSNS「リンクトイン」中国版を閉鎖

Microsoft、ビジネスSNS「リンクトイン」中国版を閉鎖
米系SNS、中国で消滅
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN14ESR0U1A011C2000000/

『【シリコンバレー=奥平和行】米マイクロソフト傘下でビジネス向けSNS(交流サイト)を運営する米リンクトインは14日、中国版を年内に閉鎖すると発表した。2014年に中国でサービスを立ち上げて同国で利用できる唯一の主要米系SNSとなっていたが、インターネットに関する規制強化により事業の継続が難しいと判断した。

リンクトインのモハック・シュロフ上級副社長が公式ブログを通じて発表した。中国版について「中国の利用者を対象とした求職サービスとしては成果を上げているが、交流機能は同じ水準の成功に達していない」と述べた。さらに「事業環境が非常に厳しくなり、法令順守の要求が強まっている」と説明した。

リンクトインの中国版は閉鎖する一方、求職・求人サービスに特化した新サービス「InJobs(インジョブス)」を同国で年内に始めるとしている。

リンクトインは米国で02年にサービスを始めた。利用者は実名や職歴を登録し、相互にフォローしたり、投稿や記事を共有したりすることができる。マイクロソフトが16年に約260億ドル(当時の為替レートで約3兆円)で買収した。

現在は約200カ国・地域でサービスを提供し、直近の利用者は約7億7000万人だった。このうち中国は5000万人程度だったもようだ。

中国ではネットを通じた反体制的な言論を取り締まることなどを目的に、ネットサービスの運営企業に検閲を求めている。フェイスブックをはじめとする米国のSNS運営企業は世界最大のネット人口を抱える中国への進出を模索してきたが、言論の自由を重視する米国の世論や社員の声などと折り合いを付けることができず、実現していない。

また、中国当局は国内におけるこうしたサービスの使用を禁じ、VPN(仮想私設網)を使うなどしないと利用できない状況が続いてきた。一連の規制は参入障壁としても働き、微博(ウェイボ)が「中国版ツイッター」として人気を集めるなど、米国企業と同様のサービスを提供する中国のネット企業を育成する役割も果たしてきた。

リンクトインは用途をビジネス向けに限定しているほか、中国にサーバーを設置するなど法令を順守する姿勢を示したことで中国版の提供を認められてきた経緯がある。

ただ、同国は今年9月にデータの統制を強化するデータ安全法(データセキュリティー法)を施行し、11月には個人情報保護法も予定している。規制強化により不透明感が高まり、企業の対応コストが上昇する懸念が強まっていた。

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

浅川直輝のアバター
浅川直輝
日経BP 「日経コンピュータ」編集長
コメントメニュー

ひとこと解説

中国政府は2021年にデータ安全法と個人情報保護保護法を相次ぎ成立させ、サイバーセキュリティ法と合わせてデータ保護の基本法を整備しました。

当局はこうした法律に基づき、国内・国外を問わずIT事業者へのデータ統制を強めています。

例えば2021年7月には滴滴出行のアプリで「個人情報の収集と使用に関する重大な違反を確認した」として、サイバーセキュリティ法に基づきアプリのダウンロード停止を命じました。外国企業に対しても、これまで以上に厳しい措置を取ることが予想されます。

2021年10月15日 7:48 』