初入閣13人「岸田色」映す

初入閣13人「岸田色」映す 経済安保、対中国で党と連携
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA0229Z0S1A001C2000000/

『自民党の岸田文雄総裁が4日発足させる新政権で初入閣は13人に上る見通しだ。新設の経済安全保障相に党側で関与してきた小林鷹之氏を起用し、対中国で党と連携を深める。厚生労働相など新型コロナウイルス対応を担う閣僚は刷新する。重要政策の陣容で「岸田色」をうかがわせる。

内定した顔ぶれをみると初入閣の13人は全閣僚の65%を占める。2020年に発足した菅義偉内閣の5人、12年の第2次安倍晋三内閣の発足時の10人と比べると多い。

初入閣組は衆院当選3回の若手3人を含む。岸田氏が党総裁選で「中堅・若手を登用することが大事だ」と繰り返してきたのを意識したとみられる。

女性閣僚は3人になる。総裁選で戦った野田聖子元総務相は少子化相に起用し、子ども庁創設に向けた取り組みを期待する。

目玉閣僚の経済安保相に初入閣組を充てる。小林氏は衆院当選3回で、党内の経済安保を議論してきた党新国際秩序創造戦略本部の事務局長を務める。座長の甘利明幹事長と近く、両氏で提言づくりなどを担ってきた。

甘利氏は3日のフジテレビ番組で、経済安保相について「全省庁に対して指示が出せるようなポジションになる必要がある」と強調した。国家安全保障局(NSS)も含めて掌握できる仕組みにすべきだと唱えた。

半導体などの重要物資の確保や技術流出の防止といった経済安保を担当する閣僚は岸田氏が党総裁選の公約として掲げた。担当相は中国などに過度に依存せずに有事も国民生活と経済活動を安定させる「経済安全保障推進法」の策定を担う。

政府内に「担当閣僚が入ると情報ラインが複雑になる」との懸念も出ていたが、岸田氏は経済安保の司令塔を置く必要性を重視して新設を実現する。甘利、小林両氏の連携を新政権での円滑な政策運営に生かす狙いもみえる。

新政権最大の難題は引き続きコロナ対策だ。今冬にも到来が想定される感染拡大の「第6波」への備えは欠かせない。

岸田氏は安倍、菅両政権がコロナ対策で批判を浴びてきた経緯を研究してきた。厚労省が法令の整合性を重視し、首相官邸の方針に繰り返し慎重論を唱えてきたとの認識がある。
焦点となる厚労相につけるのは初入閣の後藤茂之氏だ。旧大蔵省出身で、政調会長代理として党側でコロナ対策を議論してきた。岸田氏は厚労省の主張を客観的に判断して官僚を動かす実務能力に期待する。

コロナ対策を担う経済財政・再生相は麻生派の山際大志郎氏、ワクチン接種の担当は岸田派の堀内詔子氏といずれも初入閣の中堅・若手を充てる。

野党はコロナ対策の担当閣僚が乱立していると批判していた。甘利氏は3日の番組で「厚労相がこの指揮を一番中心にとればいいのではないかと個人的には思う」と述べた。

11月にも2回のワクチンが希望者に行き渡る見通しで、接種証明書を活用しながら行動制限を段階的に緩和する局面に入る。閣僚の役割分担の整理も検討する。

岸田氏が指導力を発揮して新閣僚を通じて行政組織を円滑に動かせるかが新政権の支持に直結する。

内定した閣僚20人のうち再任は茂木敏充外相と岸信夫防衛相の2人だけとなる。外交・安保は中国の影響力拡大を踏まえ、自由や法の支配を重視した国際秩序をつくる「自由で開かれたインド太平洋」をはじめ基本的な方針を受け継ぐ。

総裁選で自らが会長を務める宏池会(岸田派)に対する「親中」との印象を払拭するのを意識し、新政権でさらに一歩進める議論に入る。

攻撃を受ける前に敵のミサイル発射拠点をたたく「敵基地攻撃能力」の保有は「有力な選択肢だ」と前向きな姿勢をみせた。岸氏が議論を主導する。

【関連記事】

・経産相に萩生田氏、厚労相は後藤氏 岸田内閣4日発足
・岸田新政権、成長呼ぶ財政が急務 規模ありきの予算懸念

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

鈴木一人のアバター
鈴木一人
東京大学 公共政策大学院 教授
コメントメニュー

分析・考察

岸田色というよりは甘利色が強い組閣になった気がするが、党と政府の関係がスムーズになり、より建設的な政策決定が出来るようになるのであれば、それはそれでよい気がする。

ただ、初入閣の閣僚が重要政策を担うという形になっているので、官僚を動かす力、政策を実現する力が問われるようになる。

首相や幹事長、ベテラン大臣が中心になりながら、若手が実務をこなしていくという連携が上手くできれば、それが一番望ましいのだが。

2021年10月4日 7:16

深尾三四郎のアバター
深尾三四郎
伊藤忠総研 上席主任研究員
コメントメニュー

別の視点

挙党態勢で総選挙に臨む岸田新首相のカラーが牧島かれん氏と小林鷹之氏の初入閣に表れている。

総理・総裁への登竜門となる自民党青年局長の牧島かれん氏は、神奈川17区で河野洋平氏から後継者に指名され政界入りした。規制改革・行革大臣を兼務し前任・河野太郎氏の意思を引き継ぐ。

女性初の青年局長に指名した菅首相の肝いり・デジタル庁を牧島氏に任せて、河野氏と菅氏に配慮するとともに、将来の女性首相候補をひとり加えたことで自民党の若返りも期待させる。

新内閣の目玉である新設・経済安保相には関連テーマで甘利氏・山際氏と連携している小林氏を二階派から一本釣り。各派閥や総裁選他候補に配慮しつつ自民党の若返りを狙った布陣。

2021年10月4日 8:24 (2021年10月4日 8:26更新)』