ベネズエラ、通貨切り下げを実施 100万分の1に

ベネズエラ、通貨切り下げを実施 100万分の1に
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100200230&g=int

※ スゲー話しだ…。

※ 『民間団体が発表した8月の物価上昇率は前年同月比1743%にも達した。中銀によると、07年12月を100とした物価指数は今年5月に1兆1956億へ暴騰した。 』

※ 8月の物価は、前年同月比で、17.43倍になった…。

※ 07年12月と比較して、今年5月には(13年7か月間で)、「100万億倍」になった…(計算、合ってるか?)。

※ 「100万分の1に切り下げるデノミネーション(前の通貨で1万円だった物を買うのに、新通貨だと100万円必要となる)」を実施しても、到底追いつかんだろう…。

※「ハイパー・インフレーション」どころの話しじゃ無いな…。

『【サンパウロ時事】経済破綻により激烈なインフレに悩まされている南米ベネズエラで1日、通貨ボリバルを100万分の1に切り下げるデノミネーション(通貨呼称単位の変更)が実施された。同国では2008年に通貨を千分の1に、18年にも10万分の1に切り下げるデノミが行われた。

国民は飢え、独裁者はぜいたく=大統領、高級レストランへ-ベネズエラ

 今回のデノミは、同国の中央銀行が8月に実施を発表。通貨の名称を「ボリバル・デジタル」に変更し、これまでの100万ボリバル・ソベラノを、1ボリバル・デジタルとした。ただ、名称変更に伴いデジタル通貨を発行するかは不明。
 ベネズエラでは反米左派のマドゥロ政権の失政と石油価格下落、米欧の制裁などにより物資が極端に欠乏し、極度のインフレが進行。民間団体が発表した8月の物価上昇率は前年同月比1743%にも達した。中銀によると、07年12月を100とした物価指数は今年5月に1兆1956億へ暴騰した。 』