米、対中政策変化なし 孟氏帰国、電話首脳会談で提起

米、対中政策変化なし 孟氏帰国、電話首脳会談で提起
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021092800213&g=int

『【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は27日の記者会見で、カナダで拘束されていた中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長の帰国について「法執行に関する案件として、司法省が独自に判断した」と述べ、ホワイトハウスは直接関与していないと強調した。「米国の対中政策は変わっていない」とも断言した。
カナダ人解放、理由は「病気」 ファーウェイ副会長帰国と並行―中国

 孟氏のカナダ出国に合わせ、中国当局が拘束していたカナダ人2人も解放された。サキ氏は、中国の習近平国家主席が9日(中国時間10日)、バイデン大統領との電話会談で孟氏の問題を提起し、バイデン氏もカナダ人らの解放を求めたと説明。両首脳が「交渉したわけではない」と指摘しつつも、一連の解放が米中のトップ会談で実質的に決まったことを示唆した。』