米、TPP復帰しない意向 「国内投資が優先」

米、TPP復帰しない意向 「国内投資が優先」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB251BO0V20C21A9000000/

『【ワシントン=共同】米国務省のプライス報道官は24日の記者会見で、日本が参加し、中国や台湾も加盟申請した環太平洋連携協定(TPP)について、現状では復帰しない意向を示した。「世界に通用する競争力を強化するために国内に投資することが最初の仕事だ」と述べた。

プライス氏は2016年に米国がTPPに署名した当時から世界の状況が大きく変化したと強調し「バイデン大統領は現状のままの協定なら参加しないと明言している」と語った。

中台の申請に関しては加盟国の意向を尊重するとした上で、中国は「非市場的な貿易慣行と他国に対する経済的な威圧が判断要素になるのだろう」と指摘。台湾については「世界貿易機関(WTO)の責任ある加盟国であり、民主主義の価値観を信奉していることも判断されるだろう」と語った。

【関連記事】
・首相、バイデン氏と会談 中国のTPP加盟など議論
・中国と台湾は加盟できる? 知っておきたいTPP
・TPP、米国の復帰こそ先決 中台申請を機に決断促せ
・試される対中包囲網 TPPが覇権争いの場に 』