中国恒大、23日の元建て債利払い実施へ

中国恒大、23日の元建て債利払い実施へ 39億円
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB221PB0S1A920C2000000/

『【上海=土居倫之】中国の不動産大手、中国恒大集団は22日、期日を23日に控えた人民元建て債の利払いを実施すると発表した。金額は2億3200万元(約39億円)。恒大を巡っては1兆9665億元(約33兆4000億円)にのぼる負債を巡り信用不安が浮上しており、債券の利回りが急上昇していた。

【関連記事】
・世界同時株安、見えぬ中国恒大処理 リスク連鎖に警戒
・よくわかる中国恒大 4つのポイント

恒大が22日、利払い実施を発表したのは、発行額40億元の人民元債で深圳証券取引所に上場している。同時に利払い日が到来する米ドル債の利払い実施の有無については現時点で未公表となっている。年内の社債の利払い額は、米ドル債が計6億3110万ドル(約694億円)、人民元債が計3億5380万元となっている。元本は22年1月30日にドル債3億ドルの満期が到来する。

一方、22日の上海株式市場で、上海総合指数は小幅に下落して始まった。恒大向けの貸付金が多いとされる中国の民営銀行、民生銀行が一時前週末比約2%下落するなど恒大問題が依然として重荷となっている。不動産大手の万科企業も小幅に下落する場面があった。

恒大が上場する香港株式市場は22日休場している。

【関連記事】恒大処理が占う「習経済」 危機回避と格差是正で苦悩』