中国、TPP加盟を正式申請 アジア貿易主導権狙う

中国、TPP加盟を正式申請 アジア貿易主導権狙う
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM16DYS0W1A910C2000000/

『【北京=川手伊織】中国商務省は16日夜、中国が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請したと発表した。王文濤商務相が寄託国ニュージーランドのオコナー貿易・輸出振興相と電話協議し、申請書類を提出した。アジア・太平洋地域の貿易で主導権を握りたい考えだが、加盟に向けたハードルは高い。

【関連記事】中国のTPP加盟、データのルールなど実現に3つの壁

習近平(シー・ジンピン)国家主席は2020年11月、TPPへの参加を「積極的に考える」と表明した。米国が新たな自由貿易協定(FTA)などに消極的な中、22年1月の発効をめざす東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)に続き、経済的な影響力の拡大を狙う。

加盟交渉が円滑に進むかは不透明だ。現在のTPP加盟国は11カ国で、英国も加盟を申請している。中国の参加には加盟国すべての同意が必要だ。だが、TPPには中国と通商摩擦を抱えるオーストラリアや南シナ海の領有権問題で対立するベトナムが加盟している。

中国国内の制度改革も避けては通れない。TPPは、政府が国有企業を補助金などで優遇して競争をゆがめることを禁じる。習指導部が国有企業の増強を前提としたままなら、交渉は最初からつまずきかねない。

中国は9月に施行したデータ安全法(データセキュリティー法)などでデータの統制を強化している。データの国外持ち出しの禁止などは加盟国の反発を招く可能性もある。

TPPは、データ流通の透明性や公平性を確保する3原則も盛り込む。その一つが「『ソースコード』の開示要求の禁止」だ。中国では外資系企業が許認可の取得などで、ハイテク技術の開示を地方政府などから迫られる例が後を絶たない。

TPPは政府調達でも国内外企業の差別を原則的になくすよう求める。中国は安全保障を理由に「安可目録」などと呼ぶリストを作り、外資系の排除を進めてきた。自国の都合を優先する姿勢では、加盟に向けた道は険しい。

【関連記事】
・中国のTPP加盟申請 米「経済的な威圧、判断要素に」
・中国のTPP加盟申請、米専門家「米国の関与強化必要」
・TPP拡大機運、中国は非公式接触 英加盟へ交渉開始
・英貿易相「TPP加盟合意、22年中に」 中国参加には難色

多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

鈴木一人のアバター
鈴木一人
東京大学 公共政策大学院 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

これは大変興味深い話。中国はTPPに参加することに大きなメリットを見いだしているが、そのためにはTPPが求める高い水準の自由貿易ルールを受け入れる覚悟が必要。

つまり、中国がTPPに入りたいという願望を持つ限り、中国は国際交渉において劣位にある。

TPPは中国の加入を優先して妥協することなく、中国なしのTPPを想定しながら、中国があらゆる点で高い水準のルールを受け入れることを条件に交渉しなければならない。その中国を入れるかどうかを決めるのは現在TPPに参加している国。日本が中国に持ちうる最大のレバレッジなので、これを活かして中国を変えていくという意識で交渉してもらいたい。
2021年9月17日 4:24
菅野幹雄のアバター
菅野幹雄
日本経済新聞社 ワシントン支局長・本社コメンテーター
コメントメニュー

今後の展望

偶然の産物なのでしょうが、米国と英国、オーストラリアによる「AUKUS」の安全保障協力が発表された直後に投げられた中国のくせ玉と言えます。

習近平体制の本気度を計りかねます。台湾がTPPに入りたいというなら分かりますが。本当にTPPに入りたければ、国有企業や補助金をはじめ米国などから散々指摘される問題に自ら進んで手をつけねばなりません。それほどの覚悟が中国にあるのか、はなはだ疑問です。

やはりトランプ政権でTPPを抜け、バイデン政権も不人気を恐れて及び腰の米国を揺さぶる意図が第一ではないでしょうか。
中国参加の可能性は低いですが、バイデン政権がどんな動きに出るかに興味があります。
2021年9月17日 7:24 』