北朝鮮が弾道ミサイル2発発射

北朝鮮が弾道ミサイル2発発射 日本のEEZ外落下と推定
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM153S20V10C21A9000000/

『【ソウル=恩地洋介】韓国軍合同参謀本部は15日、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを2発発射したと発表した。北朝鮮中部の内陸部から発射したという。海上保安庁は日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したものと推定している。

菅義偉首相は15日午後、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したと断定した。「日本と地域の平和と安全を脅かすもので言語道断だ」と述べた。国連安全保障理事会の決議に違反すると指摘し「厳重に抗議し強く非難する」と訴えた。

【関連記事】北朝鮮弾道ミサイル 首相「安保理決議違反、強く非難」
首相官邸で記者団の質問に答えた。米国や韓国などの関係国と緊密に連携すると強調した。①情報収集と分析に全力を挙げること②航空機と船舶の安全確保③不測の事態に備えて万全の態勢を取ること――を関係府省庁に指示したと明らかにした。

政府は15日中に国家安全保障会議(NSC)を開き、対応を協議する。

北朝鮮は13日、新型の長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと明らかにした。1500キロメートル飛行し目標に命中したと主張した。朝鮮中央通信によると実験は11、12両日に実施した。弾道ミサイルの発射は今年3月25日以来となる。

【関連記事】

・排他的経済水域とは 資源開発や漁業の権利を沿岸国に認める水域
・北朝鮮、新型巡航ミサイルの発射「成功」 朝鮮中央通信
・北朝鮮の新型巡航ミサイル、日本列島射程か
・日米韓高官、北朝鮮の新型ミサイルへ対応協議 』