中国は南シナ海における米国の覇権的行為を受け入れない

中国は南シナ海における米国の覇権的行為を受け入れない:グローバル・タイムズ社説
グローバル・タイムズ
https://www.globaltimes.cn/page/202109/1233756.shtml

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

米国の誘導ミサイル駆逐艦USSベンフォールドは水曜日、中国の許可なしに南シナ海の明治礁近くの海域を不法侵入した。中国側は航空機と船を動員して船を警告し、船を海域から追放した。第7艦隊のニュースリリースで、米国側はUSSベンフォールドが明治礁から12海里以内を航行したことを認めた。しかし、軍艦は航行権と自由を主張していると述べた。明治サンゴ礁は「国際法の下で領海を受ける権利はない」とし、サンゴ礁に建設された「土地埋め立て努力、設置、構造物」は「国際法の下でこの特徴を変えない」と主張した。
中国と米国は明治礁の12海里の性質について意見が一致しない。他の異なる見解は世界中に存在する。しかし、国際法は、軍艦による侵入で他人の主権主張に異議を唱える権限を与えるものではありません。特に米国は、国連海洋法条約を批准していないという事実を考えると、そうする権利はない。

米国が行ったことは裸の挑発であり、これはすべての人に明らかです。明治礁には中国人や施設が多く、その近くを航行した米軍艦は明らかに脅威を与えている。中国側は無関心のままではいられないが、対抗措置を講じなければならない。これは常識です。

南シナ海で波を起こし、ベトナムとフィリピンに中国と対決させる米国の政策は失敗した。中国のサンゴ礁から12海里以内のいわゆる航行と不法侵入の自由を主張するために、軍艦を狂ったように派遣したほど腹立たしくなってきた。

米軍艦は、中国のサンゴ礁の近くで挑発を行うために遠くから来ました。それは実際には米国の覇権の宣言でした。このような行動の条件は、ワシントンだけがそうする強さを持っており、たとえ他の国が動揺していても、彼らは米国の覇権の乱用に耐える以外に何もできないということです。しかし、中国は強くなり、上記の状況を損なっています。したがって、南シナ海における米国の挑発は、覇権宣言であるだけでなく、中国を戦略的に抑圧することを目的としている。このような圧力に抵抗する中国のアプローチと能力が高まる中、そのような米国の挑発が中国と米国の間の海洋摩擦を引き起こすリスクはますます高まるだろう。

中国の軍艦がアジア太平洋と米国の同盟国の海岸線にある米軍基地に行って接近偵察作戦を行い、航行の自由を宣言し、南シナ海の請求国も他の当事者が占領する島々や岩礁の周りでそのような作戦を行うならば、世界の海洋秩序はより良いか、より混沌とするだろうか?

単に米国に真実を話すだけでは、中国にとっては不十分です。中国は積極的な行動を取り、上記の基地と海岸線で緊密な偵察活動を行う能力の確立を加速する必要がある。中国の青水海軍の急速な発展はこれを可能にしました。米国に自国の医学の味を持たさせることによってのみ、我々は米国とその同盟国の神経に触れ、南シナ海における米国のいじめに対する西側世界の理解を変えることができる。

米国は南シナ海で意図的に紛争を引き起こし、PLAの強い対抗措置に耐えなければならない。両者の試合は極端に進み続けるだろう。米国は間違いなく、そう遠くない将来にPLAがその玄関口に現れるのを見るでしょう。そして、中国と共に、米国はますます制御が困難になっている不確実性に直面するだろう – 海上の双方の軍艦と航空機は巨大な相互戦略的敵意を運び、両国はお互いに屈しない。

この状況が続けば、遅かれ早かれ南シナ海で中国と米国の間で事件が起きるだろう。米国は南シナ海の平和に対する最大の脅威であり、最終的には地域の平和を台無しにするかもしれない。これは単なる警戒的な話ではありません。

中国は海上で米国と競争しているが、双方が紛争をコントロールできなかった場合の軍事摩擦に備えなければならず、その後の大規模な軍事衝突の可能性もある。

状況が制御不能になり、中国と米国の間の軍事的衝突を引き起こしたら、我々は我々のホームフィールドの優位性に完全なプレーを与えなければなりません。戦争が起きたら、中国は間違いなく勝つだろう。』