「China Weighing Occupation of Former U.S. Air Base at Bagram: Sources」

「China Weighing Occupation of Former U.S. Air Base at Bagram: Sources」
https://st2019.site/?p=17423

『Paul D. Shinkman 記者による2021-9-7記事「China Weighing Occupation of Former U.S. Air Base at Bagram: Sources」。

 匿名ソースによれば中共軍はアフガニスタンの旧バグラム空軍基地を拠点として借用し、兵員や経済開発要員を送り込むことを検討している。

 バグラム基地はカブール市から1時間の位置にある。ソ連がアフガン侵攻したときに建設し、2001以降は米軍の中心拠点であった。

 中共軍はすでにカンボジアのレアム海軍基地の三分の二を占拠して勝手に使っている。
 ミャンマーでは、ヤンゴン沖250マイルのココ島を30年間租借。現地軍閥に各種装備品を与え、中共軍が無線施設を運用している。

 バグラムのレンタル話の仲介はパキスタンがしているという。』