【解説】トランプ米政権とタリバンが交わした撤退合意 現状への影響は

【解説】トランプ米政権とタリバンが交わした撤退合意 現状への影響は
https://www.bbc.com/japanese/video-58313031

『2021年8月25日

アフガニスタン駐留米軍の大多数が7月初めまでに撤収した後、武装勢力タリバンはたちまち全土を制圧し、8月15日には首都カブールを掌握した。

アメリカが後押ししたガニ政権は崩壊し、アメリカをはじめ多くの国は自国民や自国に協力したアフガニスタン人の脱出におおわらわとなった。

この事態の発端は、2020年2月にカタール・ドーハでタリバンとトランプ米政権(当時)が米軍撤退について合意を交わしたことだった。

トランプ政権とタリバンの合意が、タリバンの急激な復権にどう関係したのか、BBCのロス・アトキンス司会者が解説する。

(製作:トム・ブラダ)』