〔マイケル・シャーマー〕

マイケル・シャーマー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC

『マイケル・ブラント・シャーマー(英: Michael Brant Shermer、1954年9月8日 – )は、アメリカ合衆国のサイエンスライター、科学史家。The Skeptics Society(懐疑派協会)の創設者であり、雑誌 Skeptic(疑似科学と超常現象を科学的に調査・追究することで知られる雑誌)の編集長である[1]。The Skeptics Society は55,000人以上の会員を有する[2]。

2004年4月から、サイエンティフィック・アメリカン誌に懐疑主義のコラムを連載している。以前はキリスト教根本主義者だったが、現在は自身を不可知論者で[3] 無神論者で[4][5]、ヒューマニズムの信奉者だとしている[6]。

シャーマーはまた、自身をリバタリアンだとしている[7]。 』