「How climate change helped strengthen the Taliban」

Cara Korte 記者による2021-8-20記事「How climate change helped strengthen the Taliban」
https://st2019.site/?p=17352

『アフガニスタン人の収入の6割は、農業収入である。
 過去20年、アフガニスタンのGDPのうち2割から4割は、農業がつくりだした。

 特産品としては、石榴、松の実、レーズンがある。
  ※松の実は中共が早くから航空便で輸入している。もちろん政策的な輸入であろう。
 しかし近年、旱魃と洪水がこもごも発生するようになり、農民は借金が嵩んでいる。
 政府が農民の面倒を見なければ、タリバンがそこに入ってくる。

 また、農村で喰えない若者は、タリバンに加入すれば、日当5ドルから10ドルにありつける。

 アフガニスタンで旱魃が発生すると国内に餓死者が出る。2018年には数千人が餓死した。

 アフガニスタン南部の農村で芥子栽培が増えたのは、芥子は他の穀物ほど降水・灌漑水を必要としないからである。

 ※芥子畑をナパームで焼き払えば却って地域が不安定化するなどといった本末転倒の屁理屈でアフガンの麻薬産業を20年間も育成してやった結果がすべてタリバンの軍資金となって今日の事態を招いているのに、西側の「専門家」どもはまだ芥子畑を撲滅してはならぬなどとと言っているのだから呆れるしかない。国連アドバイザーはタリラリピーポーか? 』