アメリカはついに中国に頭を下げた!

アメリカはついに中国に頭を下げた! 助けなければ「第2の911」が起こるかもしれない
https://3g.163.com/dy/article/GHK64MH70535MYRI.html

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

タリバンが権力を奪還する中、特に米国は、アフガニスタンが再びテロの温床になるのではないかと深く懸念しており、中国に助けを求めるのは「恩着せがましい」。

8月16日、新華社通信によると、中国のワン・イー外相は、アフガニスタン情勢に焦点を当て、中米関係の発展について「意見交換」した。 リンカーンは、アフガニスタン問題に関する中国の交渉への「感謝」に「感謝の意を表明し、アフガニスタンの将来は国民次第だ」という中国の主張を支持した。 礼儀正しい後、リンカーンは、中国政府がタリバンが「過激主義と一線をなす」ことを確実にするために「重要な役割を果たす」ことを期待して、中国に助けを求めた。

「約束」という言葉は、電話会議が米国が主導し、少なくともアフガニスタンでは、米国が中国の援助を望んでいることは明らかである。 「実力的地位」で他国に演説した米国は、最近、米軍が予想していたよりも3ヶ月早く、アフガニスタンの首都カブールを雷に打ちひしがれ、20年間、米国との古いライバルであるタリバンを撃破したため、中国に1日もかかっていた。 今日、米国が支援するアフガニスタン政府は崩壊し、ガニ大統領は海外に逃れるために資金を持っている。

タリバンの復活はアメリカを心配させた。 AP通信などのメディアによると、米統合参謀本部議長のマーク・ミリは、タリバンがアフガニスタンを掌握し、米国が直面しているテロの脅威が高まっており、かつてはツインタワーに「怒り」を抱いており、3,000人以上の死者を出したアルカイダのテロ組織がアフガニスタンで再編成される可能性があると述べた。 さらに悪いことに、バイデンがアフガニスタンから撤退し終えると、CIAもアフガニスタンから撤退することを意味する、と米メディアは伝えた。

したがって、タリバンが権力を掌握して以来、米国はアフガニスタン情勢を「目をつぶる」、いわゆる「恐怖は未知」であり、すでに衰退している米国は、9月11日のようなテロ攻撃に再び直面した場合、本当に「衰退」する。 「大敵」は当然、米国は顔を見ず、リンカーンは王氏を見つけ、中国政府が「手を出す」ことを期待して、中国政府が「すべての過激主義」と「線引き」し、アフガニスタンがもはやテロの温床にならないよう、大きな影響力を行使しなければならない。

米国がドアに来て批判されたり、中国を求めたりすることはめったにない。もちろん、王毅外相はこの機会を逃さず、米国を打ち負かす傾向を利用するだろう。王毅外相は、「歴史、文化、国情が全く異なる国々に外国のモデルをふさわしい」、「最終的には足場を固めるのが難しい」、「権力と軍事的手段は問題を悪化させるだけだろう。「もっと」、「この分野の教訓は真剣に反省する価値がある」。王毅外相は米国を偽装して批判し、アフガニスタンでの米国の失敗は「悲惨」であると指摘し、米国に「反省」と「同じ過ちを繰り返さない」よう促した。

△タリバンが大統領官邸を占領

王毅外相はまた、アフガニスタン情勢に「深刻な悪影響を及ぼした」として「軍隊を急いで撤退させる」という米国の決定を批判し、「新たな問題が生じた場合、絶壁を抑えるよう米国に警告した。 「それは「さらに無責任な態度」です。加えて、王毅外相はまた、テロリズムに関する「二重基準」について米国を怒って批判し、「東イラン運動」テロ組織の特徴を撤回した。「これは危険で間違っている。」米国は抑圧するために法律を変更した。中国。」彼はまた、中国の支援と協力を頼りにした。」「そのような論理はどこにあるのか?」彼は米国に「中国に対する合理的な政策を追求する」そして「中米関係をできるだけ早く軌道に戻す」よう促した。

中国外相の発言は「全火力」と言え、ブリンカーン氏の鼻を指さし、米国は「そうではない」と述べている。しかし、王毅外相の怒りに応えて、米国務長官は州ブリンコルはそれを論駁するために何も言わなかった。ブリンケン氏は、主要な国際問題について、「中国と米国がコミュニケーションを維持することが重要である」、「中国と米国の平和的共存を達成することが共通の目標であることに同意する」と認め、「米国はあらゆる形態のテロリズムに反対し」、「中国西部で製造しようとはしていません。混乱」。明らかに、この短い呼びかけで、米国は反撃することができず、頭を頷くだけでした。

米国が中国に「うなずく」ことはめったにない理由は、主に中国がアフガニスタンのタリバンにかなりの影響力を持っているからです。実際、7月末に「中国への秘密訪問」を主導したアッタの指導者であるバラダールは、組織の「第2位」ではなく、タリバン組織の実際の指導者であるだけでなく、「タリバンの創設者」、彼はアフガニスタンの新しい大統領になるはずです。王毅外相とバラダールとの会談は、タリバン組織の彼と「公式のアイデンティティ」を認めることであり、中国のうなずきで、タリバンは「決定的な戦い」に決心し、一挙に権力を掌握した。

バラダールは、世界と戦うのは簡単で、世界に座るのは難しいことを知っていました。中国の支援がなければ、敷設された国もホットポテトであるため、タリバンの兵士に「誇りに思ってはいけない」と促しました。そして「アッラーの前で謙虚なままで」そしてアフガニスタンの大統領官邸で聖典を読んでください。来てください。戦後の復興への中国の参加は、バラダールとタリバンの「安定国家」の鍵です。この地球上の誰かが本当にアフガニスタンを救うことができるなら、この国は中国であり、中国は1人の兵士や銃弾を送っていません。 、米国とソビエト連邦の夢の目標は達成されました。それは本当に「正義で国を支配し、不思議な軍隊を使い、何も持たずに世界を奪うこと」でした。

特記事項:上記のコンテンツ(写真や動画を含む)は、セルフメディアプラットフォーム「NetEase」のユーザーによってアップロードおよび公開されます。このプラットフォームは、情報ストレージサービスのみを提供します。

难得美国送上门挨批,而且还有求于中国,王毅外长当然不会放过这个机会,顺势就对美国进行了敲打。王毅外长表示,“事实再次证明”,“把外来模式生搬硬套到历史文化与国情截然不同的国家水土不服”,“最终难以立足”,“用强权和军事手段解决问题,只会让问题越来越多”,“这方面的教训值得认真反思”。王毅外长这是变相地批评美国,指出美国在阿富汗的失败是“注定的”,敦促美国“好好反省”,“不要重蹈覆辙”。

△塔利班攻占总统府

王毅外长还批评美国“仓促撤军”的决定对阿富汗局势“造成了严重负面影响”,警告美国悬崖勒马,“如果再制造新的问题”,“更是一种不负责任的态度”。此外,王毅外长还怒批美国对恐怖主义持“双重标准”,撤销对“东伊运”恐怖组织的定性,“这是危险的、也是错误的”,美国变着法地打压中国,“又指望中国支持配合”,“哪有这种逻辑”,他敦促美国“奉行理智对华政策”,“推动中美关系早日重返正轨”。

中国外长的表态可以说“火力全开”,差不多是指着布林肯的鼻子说美国“这不是那不是”了,然而对于王毅外长的怒火,美国国务卿布林肯愣是一句反驳的话都没有说。布林肯承认,在重大国际问题上,“中美保持沟通很重要”,“我同意中美实现和平共处是共同目标”,他保证“美方反对一切形式恐怖主义”,“不寻求在中国西部制造动荡”。很显然,这短短一通电话,打得美国毫无还手之力,只能点头认怂。

美国之所以罕见对中国“点头哈腰”,主要是因为中国对于阿富汗塔利班具有相当大的影响力。事实上,7月末率团“秘密访华”的阿塔领导人巴拉达尔,才不是该组织的“二号人物”,他不仅是塔利班组织的实际领导者,而且还是塔利班的“创始人”,他笃定将成为阿富汗的新总统。王毅外长会见巴拉达尔就是承认他本人以及塔利班组织的“官方身份”,有了中国的点头,塔利班才下定决心“大决战”,一举夺取了政权了。

巴拉达尔清楚,打天下容易坐天下难,没有中国支持,打下的江山也是一个烫手的山芋,所以他叮嘱塔利班将士“不要骄傲”,“在真主面前保持谦卑”,并在阿总统府念起经来。中国参与战后重建,是巴拉达尔以及塔利班“坐稳江山”的关键,如果这个星球上还有谁能够真正拯救阿富汗,那么这个国家就是中国,中国没出一兵一卒,没动一枪一弹,就实现了美国、苏联梦寐以求的目标,当真是“以正治国,以奇用兵,以无为取天下”。

特别声明:以上内容(如有图片或视频亦包括在内)为自媒体平台“网易号”用户上传并发布,本平台仅提供信息存储服务。

Notice: The content above (including the pictures and videos if any) is uploaded and posted by a user of NetEase Hao, which is a social media platform and only provides information storage services.