「Uzbekistan in contact with Taliban, warns against border spillover」

AFPの2021-8-17記事「Uzbekistan in contact with Taliban, warns against border spillover」
https://st2019.site/?p=17326

『ウズベキスタンは火曜日にタリバンに警告した。国境には近づくなと。

 ウズベキスタン政府は月曜日に認めた。1機のアフガン軍用機が不法に越境し、ウズベキスタン国内に墜落したと。死者は出ていない。

 その1日前には、すでに84人のアフガン政府軍人がウズベキスタン国境を越えて逃亡してきていると。

 ウズベキスタンの法務長官は、月曜日、その前の政府発表を取り消した。すなわち、将兵を合計で600人近くを乗せた46機のアフガン航空機が越境してきたので強制着陸させた、というもの。

 アフガン軍用機が墜落したとされる現場はウズベキスタンのシェラバド州。国境のテルメズ市からは180kmである。
 現地民の目撃証言によると、機体の残骸がトラックによって運び去られたという。
 残骸は広い範囲に散らばっていたのを、ウズベキスタンの兵隊たちが拾い集めたという。

 AFP記者が取材した地元農民一家。納屋が焼けてしまった。墜落機から貰った炎のために。それは日曜日の夜の出来事であったと。爆発音が聞こえた。

 墜落のあと、地元民が救急車を呼んだ。そこにウズベキスタン国軍の兵隊たちも来た。
 日曜日の夜、病院に、2名のアフガン人パイロットが担ぎこまれた。飛行機からエジェクトして、その際に負傷したという。2名ともに、重症ではないという。

 ※スーパーツカノにはエジェクションシートがあるので、SAMに射たれても乗員は死なずに済むのである。

 隣のタジキスタン。火曜日の広報によると、すでに100人以上のアフガニスタン軍人が、南部のBokhtar空港へ逃げてきているという。

 タジク軍は8月17日から20日にかけて、中共軍と合同演習を予定している。山岳地帯での対テロが演目。

 タジキスタン国内には、ロシア軍の駐屯地もある。そこにはロシア兵が1000人、常駐している。』