テスラの運転支援システム調査 76万台対象

テスラの運転支援システム調査 76万台対象―米交通当局
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081700276&g=int

 ※ テスラにも、逆風が吹き始めたのか…。

 ※ USTRのロビーか…。

『【シリコンバレー時事】米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は16日、電気自動車(EV)大手テスラのほぼ全車種を調査すると発表した。対象は約76万5000台。2018年以降に、運転支援システムを搭載したテスラ車が絡む11件の衝突事故が報告されており、安全性を検証する。

米テスラ、充電網を他社に開放 マスク氏が表明

 同局によると、2014年以降に販売されたモデルY、X、S、3が対象。事故は西部カリフォルニア州など九つの州で発生した。同局担当者によると「ほとんどが日没後」で、事故現場に近くにいた緊急車両の警告灯や照明などが影響した可能性が示唆されている。事故に絡んだテスラ車では、オートパイロットなどの先進運転支援システムが作動していたことが確認されている。』