「Biden’s Betrayal of Afghans Will Live in Infamy」

George Packer 記者による記事「Biden’s Betrayal of Afghans Will Live in Infamy」

https://st2019.site/?p=17315

『アフガニスタンからEUまたは合衆国へ向かう飛行機のチケット代は、前は800ドルだったが、最後には、1600ドルになっていた。

 アフガニスタン人通訳たちのエバキュエーション先としては、グァム島を考えたことがあった。
 しかし米国領ではいろいろ、法的にややこしいことになると結論され、第三国が探された。

 ほぼすべての通訳はカブール市内に住んでいた。カブール市は、あと半年は陥落しないと考えられていた。

 国務省、国防総省、ホワイトハウスの高官の何人かは、緊急特別措置としてこれら通訳の脱出を急がせようと努力した。だが、すべて、バイデンが潰した。
 バイデンにはじぶんの優先順位があり、それに通訳問題が割り込んでくるのを嫌ったようである。

 7月、1200人の通訳&家族がフォート・リーに収容された。彼らにはすでにビザ承認がおりていた。

 いくつかの民間基金は、アルバニア政府およびカタール政府に話をつけ、アフガニスタン国内から、女権運動家、人権運動家、教師、ジャーナリスト、公務員を脱出させるチャーター便を飛ばした。

 通訳でも貯金のある者は、たとえば私費で、インド行きの飛行機切符を買って、家族ごと脱出するという道は、これまでもあった。だから、いま、残っているのは、貯金ゼロの破産者世帯が多い。

 アフガニスタンでは今も、泥棒はまず石炭で顔に印をつけられ、ついで、手を切断される。
 タリバンが支配する前からそんな世界なのだ。タリバンが支配するようになれば、どこまで原始化するのか? 』