米の白人人口初の減少

米の白人人口初の減少 20年国勢調査、多様化進む
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12D890S1A810C2000000/

『【ワシントン=芦塚智子】米国勢調査局が12日に発表した2020年国勢調査の詳細によると、米国の白人人口(中南米系のヒスパニックを除く)が10年前の前回調査に比べて2.6%減少した。米メディアによると白人人口の減少は1790年の国勢調査の開始以来初めて。ヒスパニックやアジア系などのマイノリティー(少数派)が増加しており、米社会の多様化が進んでいる。

非ヒスパニックの白人が全人口に占める割合は10年調査の63.7%から57.8%に下がり、6割を切った。出生率の低下や薬物中毒死の増加などが影響したとみられている。

一方、ヒスパニック人口は23%増加し、全人口の18.7%を占めた。アジア系は35.5%、黒人は5.6%それぞれ増加した。2つ以上の人種を自認する人の数も10年前に比べ約3.8倍の約3380万人に達した。

米国の人口は3億3144万9281人で、前回調査から7.4%増と史上2番目に低い伸び率となった。今回の調査に新型コロナウイルスによる死者数は反映されていない。都市部への人口集中が進み、都市や郊外地域に住む人の割合が86%に上った。

今回発表となった人口データは、連邦議会下院や各州議会の選挙区の区割りに反映される。選挙区の区割りは州議会に権限がある州が多く、共和党が主導するテキサスやフロリダなどの州では自党に有利な線引きをすることが確実だ。各州議会はデータ発表を受けて選挙区の区割り作業に着手する見通しで、22年の中間選挙に影響するため注目されている。
【関連記事】[FT]「日本化」する世界人口

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

渡部恒雄のアバター
渡部恒雄
笹川平和財団 上席研究員

コメントメニュー
分析・考察 米国では以前から米国では白人人口が減っていくことは分かっていて、長期的な観点からは非白人の支持層が多い民主党が有利といわれ、共和党は非白人の支持拡大のために体質改善が必要といわれておりました。ところが、共和党はトランプ大統領の登場をきっかけに、むしろ影響力が低下する白人保守層の危機感に訴え、その動員力を上げることで生き残りを図り、現在も非白人が投票しにいような投票を制約する措置を各州で行っています。あいかわらず長期的には民主党優位は変わらず、共和党の将来は不透明です。いずれにせよ、人口動態の変化は米国政治に大きな影響を与えています。

2021年8月13日 8:13いいね
20

野崎浩成のアバター
野崎浩成
東洋大学 国際学部教授

コメントメニュー
分析・考察 移民人口中でアジア系の増加モメンタムが最も強い状況です。アメリカのアジア系人口は1980年から2000年で3.4倍、2000年から2020年で2倍強となっています。
2019年の分析では、アジア系中で中国系が最大の23%、インド系が20%で、日系は韓国系(8%)を下回る6%でした。2055年にはアジア系がヒスパニック系を抜く試算も発表されています(Pew Research)。

人種的構成の分析を行うこと自体が多様性を重視する今日においては前時代的な気もしますが、政治的には無視できない要素となることは確かです。
2021年8月13日 7:52 (2021年8月13日 7:53更新)
いいね
10

石倉洋子のアバター
石倉洋子
一橋大学 名誉教授

コメントメニュー
ひとこと解説 ずっと言われてきたことがファクトベースでも検証されたということですが、政治への影響もかなり大きいので、両政党が中期的にどんな対応をするか、今共和党を中心に盛んに行われている白人以外の投票を制限するような動きにどんな影響を与えるか、興味深く見ています。アジア系の伸びが大きいのですが、選挙や政治への関与などはあまり注目されない(ビジネス分野では別ですが)し、それほどの影響力がないのがちょっと不思議に思われます。コロナ絡みで反アジアの動きが見られ、それはの対抗がある程度注目を集めましたが、アジア系としてのまとまった力になって運動をするということにはなっていないようです。
2021年8月13日 8:51いいね
2

菅野幹雄のアバター
菅野幹雄
日本経済新聞社 ワシントン支局長・本社コメンテーター

コメントメニュー
今後の展望 白人の人口比率が相対的に下がっている傾向は前から指摘されていますが、人口の実数まで減ったことが正式に確認されました。記事のようにほかの人種に比べて出生率が低めだという面と、薬物中毒の影響などで病死したり自殺したりする人が増えている面が複合した結果といえます。

白人の減少は長期的には白人の支持者が多いとされる共和党に不利な材料です。一方で短期的には共和党が優位を握るテキサス、フロリダの「赤い州」に人口が流入し、選挙区の線引きを自党優位にすることで議席を増やす「細工」が働く可能性も。長短の時間軸を見極めて共和党が基盤や理念をどう変革していくのかが、米政治、そして世界情勢の将来を左右します。
2021年8月13日 8:00いいね
14

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料 』