「90日以内にアフガン首都陥落も」

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN120910S1A810C2000000/

『【ワシントン=中村亮】アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンが首都カブールを90日以内に陥落させる可能性があるとバイデン米政権が分析していることが11日、分かった。複数の米メディアが報じた。想定よりもタリバンの攻勢が激しいとみているようだ。

【関連記事】

米紙ワシントン・ポストによると、米政権はこれまで米軍撤収予定の8月末から6カ月以内にカブールが陥落する可能性があると分析していた。最近のタリバンの攻勢を踏まえ、陥落が早まる恐れがあると判断したとみられる。CNNテレビは、タリバンが今後30~60日でカブールを包囲するとの分析もあると報じた。

サキ大統領報道官は11日の記者会見で「特定の結果が不可避だとの見方はしていない」と述べ、戦況を見極める考えを示した。

国防総省のカービー報道官は記者会見で「(アフガン治安部隊は)戦闘能力を持っており、今こそそれを使う時だ」と語り、奮起を促した。バイデン政権は撤収後もアフガン治安部隊の支援を続けると明言しているが、治安部隊の結束が弱く、武器提供や訓練を続けても反転攻勢に出られるかどうかは不透明だ。多様な観点からニュースを考える 』

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • 慎泰俊のアバター慎泰俊五常・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役コメントメニュー
    分析・考察過去半世紀、アフガニスタンにはソ連・米国という超大国が介入し、どちらも大失敗に終わっています。古くは大英帝国もアフガニスタンの侵略に失敗しており、帝国の墓場とよばれてきました。 アフガニスタンへの侵略が失敗する理由は、(1)相互に敵対している部族社会であり、まとまった統治者がいないこと、(2)国土の多くが高山地帯で、現地人に圧倒的な地の利があること、(3)歴史的に紛争続きであったために多くの村が要塞化していて占領が困難なこと、などがよくいわれています。 大国の侵略がある度に多くの命が失われ、国内の人権状況は悪化し、貧困は増してきました。次は中国なのでしょうか。2021年8月12日 16:52いいね8