〔ドイツ(とスペイン)の電源構成〕

クリックして90-43mado.pdfにアクセス

 ※ スペインについては、一部重複しているが、再度貼っておく…。

※ 「太陽光」「風力」「水力」を使うと、パラメーターが多すぎて、「発電量の予測」は大変だ…。

※ それこそ、AIでも活用できんのか…。

※ もちろん、鋭意やってはいるんだろうが…。

※ ビッグデータと言っても、導入されてから「日も浅い」んで、充分そろってもいないんだろう…。

※ データが「十分揃っていない」んじゃ、「お手上げ」だ…。

※ 「風力」は「風まかせ」なんで、予測の誤差は、こんなもの…。

※ これが、「半導体製造」とかだと、大変だ…。

※ 「露光」とは、電気で「紫外線」なんかを照射する…、ということだからな…。

※ 「電力」が予定通り供給されないんじゃ、話しにならない…。

※ そして、「予測」に合わせて、「過不足」を「他の電源で」「細かく調整する」という話しになる…。

※ 「火力」や「原子力」だと、ある程度の「調整」は可能だろう…。

※ しかし、それが「太陽光」「風力」「水力」「地熱」とかだったら、どうなんだ?

※ あくまでも、「お天気」「風」「降水量」「地球の熱」まかせという話しになる…。

※ それでも、年々改良されてきてはいるようだ…。

※ 「出力抑制の準備」とか、「太陽光」だったらどうするのか…。どっかの送電線の系統を、遮断するのか…。

※ まあ、ある意味「電気回路」だから、そういうことはできるんだろう…。

※ 「調整電源の確保」の方は、もっと大変だ…。

※ 国境超えて「融通してもらう」必要も、出てくる…。

※ いずれにしろ、「大変な」話しだな…。