バイデン政権、南シナ海巡り中国けん制…ハリス副大統領を東南アジア派遣へ

バイデン政権、南シナ海巡り中国けん制…ハリス副大統領を東南アジア派遣へ
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210731-OYT1T50373/

『【ワシントン=田島大志】米ホワイトハウスは7月30日、ハリス副大統領がシンガポールとベトナムを8月に訪問すると発表した。中国が進出を強める南シナ海に接する両国を訪問し、中国をけん制する狙いとみられる。

ホワイトハウス

 米国の副大統領がベトナムを訪問するのは初めて。アジア系初の米副大統領であるハリス氏にとり、初のアジア外遊となる。ホワイトハウスは声明で「規則に基づく国際秩序を促進する取り組みなど、相互に関心のある問題について指導者と協議する」と強調した。

 両国にはオースティン国防長官が7月26~29日に訪問したばかり。対中戦略上、東南アジアとの関係を重視する姿勢を一段と鮮明にするものになりそうだ。』