中国の泰山原子力発電所、燃料棒の損傷で閉鎖

中国の泰山原子力発電所、燃料棒の損傷で閉鎖
https://www.newsweek.com/china-taishan-nuclear-plant-shuts-down-damaged-fuel-rods-1614636

『(※ 翻訳は、Google翻訳文)

中国南部の原子力発電所のエンジニアは、軽微な燃料損傷が検出された後、原子炉の停止を余儀なくされました。

中国総合原子力グループ(CGN)は金曜日、広東省の泰山工場は「メンテナンス」を受けるだろうと述べた。

これは、放射能レベルの最近のスパイクが工場での漏れの恐れにつながった後に来ました.

太山は香港の西約80マイルに上り、人口は100万人弱です。広東省は国内最大の州で、約1億1,500万人の住民がいます。

ニューズウィークニュースレターのサインアップ>

先月、当局は、小さな燃料棒の損傷は、現場に蓄積された放射性ガスのせいであると言いました。

続きを読む

中国は放射線が太山工場を脱出していないと言う:「漏れはない」
イラン大統領、内閣国家にウランを90%に濃縮できると指示

中国は、懸念にもかかわらず、太山原子力発電所の放射線レベルは正常だと主張する

「フランスと中国の技術要員の長い会話の後、太山原子力発電所.「メンテナンスのためにユニット1をシャットダウンすることを決めました」と、オペレーターが金曜日に発表し、AFPが見たオンライン声明が述べました。

CGNは「少量の燃料損傷」しか見つからず、エンジニアは「燃料損傷の原因を見つけ、損傷した燃料を交換する」ことを開始すると付け加えました。

ニューズウィークのサブスクリプションは、>を提供しています

AFPは、原子炉のコアユニットには6万本以上の燃料棒があり、損傷したロッドは「0.01%未満」を占めていると報告した。

このプラントは、フランスのエネルギー会社EDFと提携して製造された加圧水炉設計であるEPRを使用する世界で単独です。

6月14日、中国当局は、工場の第1原子炉での事件を報告した。

しかし、彼らは「一般的な現象」だと言って、この問題の深刻さを軽視した。

先月、同施設のフランスの共同運営会社が現場で問題を警告したとのCNNの報道に続いて、中国当局は「漏れはない」と主張した。

CNNは、同工場のフランスの共同運営会社フラマトメが6月に米国に2回書簡を出し、技術支援を求めたと報じた。

工場の過半数の利害関係者は、ドナルド・トランプ元大統領の政権によって米国政府のエンティティリストに載せられた国営CGNです。その結果、特別なライセンスなしではアメリカ製品を販売することはできません。したがって、フラマトメは「差し迫った放射線の脅威」と表現したものに対する米国の支援を得るために公式の承認を必要としました。

中国の生態環境省は当時、一次回路の放射能の増加は「燃料の生産、輸送、積載における制御不能な要因」である燃料棒ハウジングの損傷の結果であると答えた。

最小限の燃料棒の損傷は避けられない、と声明は述べ、これは世界の他の地域の原子力発電所の操業に影響を与えていないと述べた。

更新 7/30/21, 11:30 a. 1.m 1:30 a. ET: この資料は、追加情報を追加するために更新されました。』