米、コロナ調査で中国けん制

米、コロナ調査で中国けん制
WHO事務局長と会談
https://nordot.app/793284627902709760?c=39546741839462401

『【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は28日、訪問先のクウェートで世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会談し、新型コロナウイルスの起源解明に向けたWHOによる追加調査計画への支持を表明した。中国での調査も含むべきだとして、計画を拒否する中国をけん制した。

 ブリンケン氏は追加調査について「時機を逸することなく、透明性を確保し、専門家主導であるべきで、妨害を受けてはならない」と強調。次のパンデミック(世界的大流行)を防ぐためにも必要だと指摘した。

 WHOの国際調査団は報告書で、トランプ前米政権が主張した中国の研究所からのウイルス漏えい説を否定した。』