ベラルーシ反体制派と面会 「民主主義求める人々を支持」

ベラルーシ反体制派と面会 「民主主義求める人々を支持」―バイデン米大統領
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072900181&g=int

『【ワシントン時事】バイデン米大統領は28日、ホワイトハウスで、ベラルーシの反体制派の象徴的存在になっているスベトラーナ・チハノフスカヤ氏と面会した。ツイッターで明らかにした。バイデン氏は「米国は民主主義と普遍的人権を求めるベラルーシの人々を支持する」と投稿した。反体制派弾圧を強めるルカシェンコ政権をけん制する狙いがあるとみられる。

ベラルーシ保安当局、NGOに一斉強制捜査 記者協会や労組、経済研究所も

 ロイター通信によると、チハノフスカヤ氏は同日、サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)と面会。その場にバイデン氏が短時間立ち寄ったという。
 チハノフスカヤ氏はツイッターで、バイデン氏に対し、自由のために戦うベラルーシ市民への連帯を示したことに謝意を表明。「ベラルーシは今日、(バイデン氏が主張する)民主主義と専制主義の戦いの最前線にある」と訴えた。』