被害住民、核実験の謝罪要求

被害住民、核実験の謝罪要求 マクロン仏大統領、ポリネシア入り
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072500373&g=int

『【パペーテ(タヒチ島)AFP時事】東京五輪のため来日していたマクロン仏大統領は24日、南太平洋の仏領ポリネシアを訪れた。1966~99年、フランスがポリネシアで繰り返した193回の核実験にちなむ被害者団体「193協会」が「大統領の謝罪を期待する。犯罪だったと認めてほしい」と訴える中で4日間の訪問が始まった。

【特集】8月6日広島の記憶~元看護婦生徒の証言~

 フランスでは3月、ポリネシアの放射線被害は当局発表をはるかに上回ると軍の文書に基づき告発する調査報道が公表された。白血病やリンパ腫に苦しむ住民は10万人を超えるが、補償を受けたのは63人という。ポリネシアでは最近、中国の影響力が高まり、仏政府は危機感を強めている。』