〔ポーランド、ハンガリーの宗教状況…。〕

歴史を踏まえたヨーロッパの統合
https://www.teikokushoin.co.jp/journals/geography/pdf/201002gs/05_hsggbl2010_02gs_p10_12.pdf

 ※ この.pdfが、参考になった…。

 ※ 画像も、大体そこからキャプチャした…。

※ ポーランドは、9割近くがカトリックだ…。

※ ハンガリーは、円グラフを探したが、見つけられんかった…。上記によると、4割くらいがカトリックのようだ…。

※ そもそもの「ヨーロッパの宗教分布」が、こんな感じ…。

※ いわゆる「西欧」は、カトリックvs.プロテスタントだ…。

※ それが、中・東欧になると、正教会(ギリシャ正教)が多くなってくる…。東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の支配下だったからな…。

※ さらに、バルカン半島・オリエント寄りになると、イスラム教徒が多くなってくる…。オスマン帝国の支配下だったからな…。

※ 9世紀頃は、こんな感じ…。

※ こういう状況から、ルターやカルヴァンなんかが出て来て、「宗教改革」により、「プロテスタント」が登場するわけだ…。

※ オレらは遠いし、あまりよく知らないから、「ヨーロッパ」「西洋人」などと一括りにしがちだが、実は、喋っている言語も、相当に異なる…。

※ 系統的には、上記のようなものだ…。

※ だから、宗教分布も、こういう状況になる…。

※ 言語分布も、こういう感じで様々・区々だ…。

※ 経済的にも、けっこうな「格差」がある…。

※ それでは「いかん」ということで、「統合して、”大市場”を作ろう!」という話しになった…。

※ それで、加盟国は徐々に拡大した…。まあ、日本の「市町村合併」みたいな話しだろう…。

※ 確かに、「経済」「市場」は、「統合」したり、「共通ルール」で運営したりすることは可能だろう…。

※ しかし、「宗教」「長年の慣習」「人々の意識・頭の中」は、そうはいかない…。

※ 根強く、「社会」に残り続けることになる…。

※ そして、そういうものが、折に触れて表面に出てくることになる…。