監視ソフトのリストに仏、南ア首脳の電話番号

監視ソフトのリストに仏、南ア首脳の電話番号 欧米報道
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2103A0R20C21A7000000/

『【ニューヨーク=中山修志、パリ=白石透冴】米紙ワシントン・ポストなど欧米メディアは20日、イスラエルのサイバー企業NSOグループの犯罪監視用ソフト「ペガサス」の標的になっていた可能性のある電話番号のリストに、マクロン仏大統領ら各国首脳・元首脳14人のものが含まれていたと報じた。ペガサスについて犯罪やテロ防止を目的とした利用以外は認めないという同社の説明と食い違う。

ワシントン・ポストなど十数社の報道機関からなる国際調査報道チームが、ペガサスの顧客から流出したとされる5万人以上の電話番号を分析した。番号が確認されたのはマクロン氏のほか、イラクのサレハ大統領、南アフリカのラマポーザ大統領、パキスタンのカーン首相ら。これらの番号のスマートフォンがペガサスに感染して監視下にあったかは確認できていない。

調査報道チームはインドやメキシコ、サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)など少なくとも10カ国・地域がNSOの顧客だった証拠をつかんだとしている。リストには180人を超えるジャーナリストのほか、政府関係者や企業経営者、宗教家、非政府組織(NGO)の活動家らが含まれる。

仏紙ルモンドなどの報道によると、モロッコの情報機関が「ペガサス」を使い、マクロン大統領ら仏政府幹部10人以上を狙っていた疑いがある。ソフトはスマートフォンから情報を抜き出すことができるが、漏洩が起きたかは分かっていない。

情報機関が2019年に狙ったとされる電話番号の中に、マクロン氏、ルドリアン外相、ルメール経済・財務相、ドルジ元環境相などのスマホの番号が含まれていた。ドルジ氏が自身のスマホを分析に出したところ、情報漏洩はなかったがソフトが攻撃を試みた形跡があったという。

仏大統領府関係者は「もし事実なら深刻だ。報道の事実関係を調べる」などと語った。モロッコ側はペガサスを使ったことはないと主張しているという。』