中国、CIAが10年以上にわたり北京をハッキングしたと非難

中国、CIAが10年以上にわたり北京をハッキングしたと非難
https://www.newsweek.com/china-accuses-cia-hacking-beijing-over-decade-1611321

『(※ 翻訳は、Google翻訳文)

国は、米国主導の連合がマイクロソフトに対する国家支援のサイバー攻撃の疑いで北京を非難したわずか1日後、CIAグループが10年以上にわたって主要産業をハッキングしたという主張を繰り返しています。

中国外務省のスポークスパーソン、趙立堅は、国家安全保障省が契約ハッカーに世界中でサイバー操作を行うことを認可したという告発は「不当」で「政治的中傷」であると述べた。

火曜日に北京で行われた記者会見で、米国とその同盟国(NATO、欧州連合、ファイブアイズ、日本を含む)が提起した主張には証拠が欠けていたと彼は記者団に語った。

米国は、Microsoft Exchangeハッキングの背後にある中国が、犯罪組織と協力していると述べています続きを読む米国は、Microsoft Exchangeハッキングの背後にある中国が、犯罪組織と協力していると述べています。

ニューズウィークニュースレターのサインアップ>

ワシントンは「サイバー攻撃を国の政府に結びつけるときは特に注意するべきだ」と彼は言った。「中国はあらゆる形態のサイバー攻撃を断固として拒否し、非難している」と趙氏は続け、中国はハッキングを「奨励、支援、容認」しないと付け加えた。

中国当局は、CIAが北京の重要産業をハッキングしてから11年が経過したと主張する報告を引用して、米国を同様の容疑で非難する前に、米国を「世界最大のサイバー攻撃源」と呼んだ。

中国のスポークスパーソンがサイバーチャージで反撃

ファイル写真:中国外務省のスポークスマン、趙立堅。
ゲッティイメージズ経由のGREGBAKER / AFP

中国の全国サイバー緊急対応チームのデータによると、2020年に中国国外から発信された52,000の悪意のあるプログラムが、531万台の中国のコンピューターをハッキングしたとZhao氏は述べ、米国とNATO諸国が上位3つの情報源の1つであると主張しました。

ニューズウィークのサブスクリプションオファー>

彼はその後、中国のインターネットセキュリティ会社Qihoo 360による2020年3月のレポートを参照しました。このレポートでは、CIAは中国の「特定の業界や部門を長い間ターゲットにしていた」と主張しています。

趙氏は、「アメリカのCIAハッキンググループAPT-C-39」という名前のレポートは、「航空宇宙、科学研究機関、石油産業、主要なインターネット企業、政府機関などの中国の主要セクターに11年もの間侵入して攻撃した」と述べた。 「」

続きを読む

ロシアは極超音速ミサイルをテストし、200マイル以上離れたターゲットに命中

米国は、Microsoft Exchangeハッキングの背後にある中国が、犯罪組織と協力していると述べています
NATOはハッキング疑惑で中国を非難し、国家は「責任を持って行動する」必要がある
同氏は、同様の活動が進行中であるかどうかを詳しく説明することなく、この攻撃は「中国の国家的および経済的安全性、ならびに主要インフラストラクチャおよび公衆の個人データの安全性を著しく損なう」と付け加えた。

趙がQihoo360レポートに言及したのは、NSAが中国を国家支援の悪意のあるサイバー活動で非難した後、昨年10月21日に米国に対して行ったのと同じ主張の再訴訟でした。

バイデン政権の関係者によるブリーフィングによると、北京のサイバー攻撃に対する月曜日のまれな集団的非難は、国家治安機関が「犯罪契約ハッカーを使用して、個人的な利益を含め、認可されていないサイバー操作をグローバルに実施している」と主張した。

「彼らの活動には、サイバー対応の恐喝、暗号ジャック、金銭的利益のための世界中の犠牲者からの盗難などの犯罪活動が含まれている」と当局者は述べた。

連合の共同の対応は、今年初めにマイクロソフトエクスチェンジサービスのハッキングについて中国を非難した。ホワイトハウスの声明によると、契約ハッカーは、マイクロソフトがセキュリティアップデートをリリースする前に脆弱性を悪用して、世界中のコンピューターとネットワークを危険にさらしました。

「米国は、サイバースペースにおける中華人民共和国(PRC)の無責任で不安定な行動について長い間懸念してきた」と述べた。

「今日、米国とその同盟国およびパートナーは、中国と同盟国の経済および国家安全保障に大きな脅威をもたらすため、中国の悪意のあるサイバー活動のパターンの詳細を明らかにし、それに対抗するためのさらなる措置を講じている」と付け加えた。 。

バイデン政権が将来、サイバー攻撃の疑いで関連する中国当局者を制裁する計画があるかどうかは不明です。』