〔nappi10さん、エクセル書式が作動せず焦る…。〕

 ※ こういうことがあるからな…。

 ※ 業務で使う分には、「安定稼働」が第一だ…。

 ※ 未だに、「XP」支持者が根強くいるのには、理由がある…。

 ※ それと、やはり「古物(ふるもの)」は、捨てずに取っておく方がいい…。

 ※ まあ、全く稼働しない「ジャンクパーツ」の山に、なってしまいがちなんだが…(オレの部屋の片隅にも、取り外した電源が、ウネウネとケーブル付きで転がっている…。何やら、「異形の生き物」と言った趣きだ…)。

 ※ セキュリティ強化とは、おそらく何らかの「認証の仕掛け」を施すものと、思われる…。

 ※ ハード的にか、ソフト的にか、あるいは、その双方か…。

 ※ いずれ、一定の「仕掛け」を施すわけで、その「方式」に合致していない「動作」は、「怪しい振る舞い!」として、はじかれる…。

 ※ それで、「いきなり使用を止めるとは随分な事をする。」という結果となる…。

 ※ 全く、何らかの予告・警告無しの「仕様変更」だから、困るよ…。

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:いきなりエクセル書式が作動せず焦る!
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5273657.html

『2021年7月17日、午前中に、いつものエクセルで作った自作の見積書に記入しようとすると、Windows からのガイダンスが出て、説明の作業をしないと使えないと表示され、すでにこれまでのエクセル書式が使えなくなっていた。過去の履歴を見れば、自分でデザインし、知人に手伝ってもらい、今も使用の見積書などを作ったのはXP時代の2003年ころだ。

古いCDを引っ張り出してガイダンスの指示作業してもCDを読み込まず、見積もり書式は動かないし、過去の膨大な資料も見ることができない。正直慌てた。

さっそく行きつけのパソコン屋さんへ電話。レジストリの設定変更でCDの読み取りは可能だろうと言うので、ノートブックを店に持ち込む。
結果的に、慌てて写真の左のCDを入れていたと判明し、右のMicrosoft/Office XP Personalを入れると読み込みが始まり、書き換えが行われたよう(プロダクトキーの入力は不要だった)で、書式は復活した。今頃XPのCDが必要になるとは思ってもみなかったが、何かあればと取って置いたのが幸いした。ファイルレス・マルウェア対策など、急なセキュリティ強化だったのだろうか、理由は分からないが、いきなり使用を止めるとは随分な事をする。

筆者が今もOSにwindows7を使用しているのも、10では古いエクセル資料がうまく作動しなかったからで、また、ブログ作成で使用しているライブドアブログの編集には、7と相性のいいFirefox系ブラウザ・Water fox classicかPale moonでしか編集がうまく行かないので、ブラウザはwater foxにしている。これ以外のFirefoxでもEdgeでもChromeでも駄目だった。Firefox系は、メモリーリークが大きく、筆者の様に、大量のサイトを同時に立ち上げて作業する際に、4Gメモリではフリーズなど問題が起きやすいが、メモリ調整にFIREMIN8とMemory Booste 1:Buld1959のソフトを入れて問題を解消している。二つは作動原理が違うので、同時使用しても干渉しない。ちなみに、ハードはSSDに交換しているので、全体の動きは充分に速い。ちなみにWaterfoxは、世界中のWindows7を使いたいユーザーの為に開発されたと記憶している。セキュリティ対策も満足いくもので、多くのFirefoxのアドオンが使用でき、特にClassicは古いアドオンも使用可能だ。』