〔法律上、自らに「過失行為」が無くても、責任を負わされる場合がある…。〕

『(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)

(※ 民法)第717条

1、土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

2、前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。

3、前二項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。』

『解説

土地の工作物等の占有者・所有者が負担する不法行為責任についての規定である。

要件

土地の工作物

土地の上に人工的に設置された物をいう。建物や道路などが代表的である。鉄道や電柱、塀なども含まれる。植物など天然のものはこれに含まれないことになるが、2項で「竹木」にも準用すると特に規定している。

設置又は保存の瑕疵

瑕疵とは、工作物が本来有しているべき安全性を欠いていることをいう。瑕疵は故意・過失によって生じたことを必要としない。

損害の発生

因果関係

前提として、瑕疵と損害の間に事実的因果関係があることを必要とする。瑕疵がなくても損害が生じていた場合には因果関係は否定される。瑕疵と不可抗力(地震など)が統合して損害をもたらした場合には相当因果関係の問題になる。

免責事由

占有者

占有者は、「損害の発生を防止するのに必要な注意をしたとき」には賠償責任を免れる。「必要な注意」をしたことの立証責任は占有者にある。つまり中間責任が定められている。
所有者

占有者が責任を免れた場合には、所有者が賠償責任を負う。この賠償責任には免責事由がない。つまり無過失責任が定められている。

特別法による修正

国家賠償法第2条1項 は、「道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる」とする。すなわち、国・公共団体には免責事由がなく、無過失責任が定められている。

効果

損害賠償責任

占有者または所有者が損害賠償責任を負う。損害賠償の範囲については709条を参照。また、被害者の過失が加わって損害が生じた場合、過失相殺(722条2項)の適用もある。

求償権

3項にいう「損害の原因について他にその責任を負う者があるとき」とは、具体的には、前所有者や、工作物の設置を請負った者に瑕疵の原因があるときを想定している。これらの者に対しては、717条に基づいて直接責任を追及することができないので、占有者または所有者が賠償したあとで求償することを認めたものである。なお、前所有者や工作物請負人は被害者に対する直接の不法行為責任を負う可能性が全くないわけではなく、709条に基づく一般不法行為が成立する可能性は残る。』

『運行供用者責任の根拠規定は自動車損害賠償補償法第3条です。

自動車損害賠償保障法 第3条(自動車損害賠償責任)

自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。』

『少し長い文章ですが、以上によれば、次の3つの要件全てに当てはまる場合には運行供用者責任を負うということになります。

1、自己のために自動車を運行の用に供したこと(運行供用者であること)
2、他人の生命・身体を害したこと
3、自己に故意や過失がないことを証明できなかったこと

この要件を見てみると少しおかしなことに気付きます。要件1に来るのは普通に考えれば「運転者」のはずです。しかし法律はわざわざ「自己のために自動車を運行の用に供する者(運行供用者)」という回りくどい言い方をしています。これは責任を「運転者」に限定していないということを意味します。

では運行供用者の具体的範囲はどのように定められているのでしょうか。上記法律には具体的な記載はありませんが、判例によれば、運行を支配する者と運行により利益を受ける者を指します。

具体的には、従業員が運転していたバスのバス会社、友人・知人が運転していた車の所有者等がこれに当たります。』

 ※ 通常、「不法行為責任」とは、「社会生活上、通常に果たすべき「義務」「気配り」を、果たしていなかった(=「過失」があった)場合に、追求される…。

 ※ しかし、中には、「その物から、利益(利便性)」を得ていること」が、「責任追求」の原因となるものもあるんで、注意しよう…。